iSCSIイニシエータのデフォルトの認証方式の変更

System Managerを使用して、特定の認証方式が設定されていないiSCSIイニシエータに対して使用されるデフォルトの認証方式を変更できます。

手順

  1. [ストレージ] > [SVM]をクリックします。
  2. SVMを選択し、[SVM設定]をクリックします。
  3. [プロトコル]ペインで、[iSCSI]をクリックします。
  4. [イニシエータ セキュリティ]タブで、[デフォルト セキュリティ]領域の[編集]
  5. セキュリティ タイプを変更します。
    CHAP認証の場合、 インバウンド設定のユーザ名とパスワードを入力し、確認用にパスワードを再度入力する必要があります。アウトバウンド設定の場合、ログイン情報はオプションです。
  6. [OK]をクリックします。