LDAPクライアント設定の削除

System Managerを使用して、LDAPクライアント設定をクラスタ レベルまたはStorage Virtual Machine(SVM)レベルで削除できます。

タスク概要

SVMレベルでは、選択したSVMに対してのみLDAPクライアントを削除できます。

手順

  1. 次のいずれかの方法でLDAPクライアント設定の削除を開始します。
    • クラスタ レベル: > [LDAP]をクリックします。
    • SVMレベル:[SVM] > [SVM設定] > [LDAPクライアント]をクリックします。
  2. 削除するLDAPクライアントを選択し、[削除]をクリックします。
  3. 確認のチェック ボックスを選択し、[削除]をクリックします。
  4. 削除したLDAPクライアントが表示されていないことを確認します。