FlexVolの作成

System Manager[ボリュームの作成]ダイアログ ボックスを使用して、データ用のFlexVolを作成できます。ルート ボリュームにデータを格納するのではなく、データ用のボリュームを必ず別に作成してください。

開始する前に

タスク概要

手順

  1. [ストレージ] > [ボリューム]をクリックします。
  2. [作成] > [FlexVolの作成]をクリックします。
  3. [参照]をクリックし、ボリュームを作成するSVMを選択します。
    [ボリュームの作成]ダイアログ ボックスが表示されます。このダイアログ ボックスには次のタブがあります。
    • 全般
    • Storage Efficiency
    • SnapLock
    • QoS
    • 保護
  4. [全般]タブで、次の手順を実行します。
    1. FlexVolの名前を指定します。
    2. FabricPoolボリュームを作成する場合は、[FabricPool]ボタンをクリックします。
    3. [選択]をクリックしてアグリゲートを選択します。
      FabricPoolのFlexVolを作成する場合はFabricPool対応アグリゲートのみ、FabricPool以外のFlexVolを作成する場合はFabricPool対応アグリゲートでないアグリゲートのみを選択できます。 暗号化されたアグリゲート(NAE)を選択すると、作成するボリュームにアグリゲートの暗号化が継承されます。
    4. ストレージ タイプを選択します。
    5. ボリュームのサイズと単位を指定します。
    6. Snapshotコピー用に確保するスペースの量を指定します。
    7. [スペース リザベーション]ドロップダウン メニューからスペース リザベーション オプションを選択します。
    8. [ボリューム暗号化]チェック ボックスを選択して、ボリュームの暗号化を有効にします。このオプションを使用できるのは、ボリューム暗号化ライセンスを有効にした場合のみです。また、対応するプラットフォームで暗号化がサポートされている必要があります。
  5. [Storage Efficiency]タブで、次の手順を実行します。
    1. このボリュームを作成するストレージの種類を選択します。
      SnapMirrorデスティネーション ボリュームを作成する場合は、[データ保護]を選択します。このボリュームに読み取り専用でアクセスできるようになります。
    2. ボリュームの階層化ポリシーを指定します。
    3. ボリュームのサイズと、Snapshotコピー用に確保するパーセンテージ(合計ボリューム サイズに対する割合)を指定します。
      Snapshotコピー用にデフォルトで予約されているスペースは、SANボリュームとVMwareボリュームについては0%です。NASボリュームについては、デフォルトでは5%です。
    4. ボリュームに対して[シンプロビジョニング][シックプロビジョニング]、または[デフォルト]を選択します。
      シンプロビジョニングが有効になっている場合は、ボリュームへのデータの書き込みが行われたときのみ、アグリゲートからボリュームにスペースが割り当てられます。
      注:
      • AFFストレージ システムの場合はシンプロビジョニングが「デフォルト」で、その他のストレージ システムではシックプロビジョニングが「デフォルト」です。
      • FabricPool対応アグリゲートではシンプロビジョニングが「デフォルト」です。
    5. ボリュームで重複排除を有効にするかどうかを指定します。
      System Managerでは、デフォルトの重複排除スケジュールが使用されます。指定したボリューム サイズが重複排除の実行が可能な最大サイズよりも大きい場合、ボリュームは作成されますが、重複排除は有効になりません。

      オールフラッシュで最適化されたシステムの場合は、インライン圧縮とauto重複排除スケジュールがデフォルトで有効です。

  6. [QoS]タブで、次の手順を実行します。
    1. FlexVolのストレージQoSを有効にしてワークロードのパフォーマンスを管理する場合は、[ストレージQoSの管理]チェック ボックスを選択します。
    2. 新しいストレージQoSポリシー グループを作成するか、または既存のポリシー グループを選択し、FlexVolの入出力(I/O)のパフォーマンスを制御します。
    状況 操作
    新しいポリシー グループを作成する
    1. [新しいポリシー グループ]を選択します。
    2. ポリシー グループの名前を指定します。
    3. 最小スループット制限を指定します。
      • System Manager 9.5では、パフォーマンスがオールフラッシュで最適化されている場合にのみ最小スループット制限を設定できます。System Manager 9.6では、ポリシー グループに最小スループット制限を設定できます。
      • FabricPool対応アグリゲートでは、ボリュームの最小スループット制限を設定することはできません。
      • 最小スループット制限を指定しない場合、または最小スループットの値を0に設定した場合は、自動的に「なし」という値が表示されます。

    4. 最大スループット制限を指定します。ポリシー グループに含まれるオブジェクトのワークロードがこのスループット制限を超えないように制限されます。
      • 最小スループット制限と最大スループット制限の単位は同じにする必要があります。
      • 最小スループット制限を指定しない場合は、IOPS、B/秒、KB/秒、MB/秒などの単位で最大スループット制限を設定できます。
      • 最大スループット制限を指定しない場合は、自動的に「無制限」という値が表示されます。

        指定した単位は無視されます。

    既存のポリシー グループを選択する
    1. [既存のポリシー グループ]を選択して[選択]をクリックし、[ポリシー グループの選択]ダイアログ ボックスで既存のポリシー グループを選択します。
    2. 最小スループット制限を指定します。
      • System Manager 9.5では、パフォーマンスがオールフラッシュで最適化されている場合にのみ最小スループット制限を設定できます。System Manager 9.6では、ポリシー グループに最小スループット制限を設定できます。
      • FabricPool対応アグリゲートでは、ボリュームの最小スループット制限を設定することはできません。
      • 最小スループット制限を指定しない場合、または最小スループットの値を0に設定した場合は、自動的に「なし」という値が表示されます。

    3. 最大スループット制限を指定します。ポリシー グループに含まれるオブジェクトのワークロードがこのスループット制限を超えないように制限されます。
      • 最小スループット制限と最大スループット制限の単位は同じにする必要があります。
      • 最小スループット制限を指定しない場合は、IOPS、B/秒、KB/秒、MB/秒などの単位で最大スループット制限を設定できます。
      • 最大スループット制限を指定しない場合は、自動的に「無制限」という値が表示されます。

        指定した単位は無視されます。

      ポリシー グループが複数のオブジェクトに割り当てられている場合、指定した最大スループットはそれらのオブジェクトの合計スループットです。

  7. [保護]タブで、次の手順を実行します。
    1. ボリュームの保護を有効にするかどうかを指定します。
      FabricPool以外のFlexGroupボリュームはFabricPoolのFlexGroupボリュームで保護できます。

      FabricPoolのFlexGroupボリュームはFabricPool以外のFlexGroupボリュームで保護できます。

    2. [レプリケーション]タイプを選択します。
    選択したレプリケーション タイプ 操作
    非同期
    1. オプション:レプリケーション タイプおよび関係タイプが不明な場合は、[選択のヘルプ]をクリックし、値を指定して[適用]をクリックします。
    2. 関係タイプを選択します。

      関係タイプは、ミラー、バックアップ、またはミラーとバックアップのいずれかです。

    3. デスティネーション ボリュームのクラスタとSVMを選択します。

      選択したクラスタでONTAP 9.3より前のバージョンのONTAPソフトウェアが実行されている場合、ピア関係が設定されたSVMだけがリストに表示されます。選択したクラスタでONTAP 9.3以降が実行されている場合は、ピア関係が設定されたSVMと許可されたSVMが表示されます。

    4. ボリューム名サフィックスを必要に応じて変更します。
    同期
    1. オプション:レプリケーション タイプおよび関係タイプが不明な場合は、[選択のヘルプ]をクリックし、値を指定して[適用]をクリックします。
    2. 同期ポリシーを選択します。

      同期ポリシーは、StrictSyncまたはSyncのいずれかです。

    3. デスティネーション ボリュームのクラスタとSVMを選択します。

      選択したクラスタでONTAP 9.3より前のバージョンのONTAPソフトウェアが実行されている場合、ピア関係が設定されたSVMだけがリストに表示されます。選択したクラスタでONTAP 9.3以降が実行されている場合は、ピア関係が設定されたSVMと許可されたSVMが表示されます。

    4. ボリューム名サフィックスを必要に応じて変更します。
  8. [作成]をクリックします。
  9. [ボリューム]ウィンドウで、作成したボリュームがボリュームのリストに含まれていることを確認します。
    作成されるボリュームにはUNIX形式のセキュリティが設定され、所有者にはUNIXの700(「読み取り、書き込み、実行」)権限が付与されます。