SSDストレージ プールの使用法

SSDを複数のFlash Poolアグリゲートで共有できるようにするには、SSDをストレージ プールに追加します。ストレージ プールに追加したSSDは、スタンドアロンのエンティティとしては管理できなくなります。そのSSDからストレージを割り当てるには、ストレージ プールを使用する必要があります。

特定のハイアベイラビリティ(HA)ペア用にストレージ プールを作成できます。作成したら、そのストレージ プールから、同じHAペアが所有する1つ以上のFlash Poolアグリゲートに割り当て単位を追加できます。アグリゲートに割り当てるディスクがアグリゲートを所有するノードに所有されている必要があるのと同様に、ストレージ プールは、そのストレージ プールが所属するいずれかのノードに所有されているFlash Poolアグリゲートにのみストレージを提供できます。

システムのFlash Poolキャッシュの量を拡張するには、ストレージ プールにSSDを追加します。SSDは、そのストレージ プールを使用するFlash PoolキャッシュのRAIDタイプの最大RAIDグループ サイズまで追加できます。SSDを既存のストレージ プールに追加すると、Flash Poolアグリゲートに割り当て済みの割り当て単位も含めて、ストレージ プールの割り当て単位が拡張されます。

ストレージ プールに使用できるスペアSSDは1本のみです。スペアSSDを用意しておけば、ストレージ プール内のSSDに障害が発生した場合に、正常に機能しないSSDのパーティションをそのスペアSSDから再構築できます。割り当て単位をスペア容量として確保する必要はありません。ONTAPは、ストレージ プール内のパーティショニングされていない完全なSSDのみをSSDのスペアとして使用できます。

アグリゲートからディスクを削除できないのと同様に、いったんストレージ プールに追加したSSDは削除できません。ストレージ プール内のSSDを単独のドライブとして再度使用するには、ストレージ プールの割り当て単位が割り当てられているFlash Poolアグリゲートをすべて破棄してから、ストレージ プールを破棄する必要があります。