SVMの設定の編集

System Managerを使用して、Storage Virtual Machine(SVM)のプロパティ(ネーム サービス スイッチ、ネーム マッピング スイッチ、アグリゲート リストなど)を編集できます。

タスク概要

手順

  1. [ストレージ] > [SVM]をクリックします。
  2. SVMを選択し、[SVM設定]をクリックします。
  3. [詳細]タブで、必要なデータ プロトコルを変更します。
  4. [リソースの割り当て]タブで、ボリューム作成を委譲する方法を選択します。
    ボリューム作成をプロビジョニングするアグリゲート 操作
    すべてのアグリゲート [ボリューム作成を委譲しない]オプションを選択します。
    特定のアグリゲート
    1. [ボリューム作成を委譲する]オプションを選択します。
    2. ボリューム作成を委譲するアグリゲートを選択します。
  5. [サービス]タブで、必要なデータベース タイプに対するネーム サービス スイッチ ソース、およびネーム サービス情報取得時の各ソースの参照順序を指定します。

    各データベース タイプのデフォルト値は次のとおりです。

    • hosts:files、dns
    • namemap:files
    • group:files
    • netgroup:files
    • passwd:files
  6. [保存して閉じる]をクリックします。