[ファイル アクセスのトレース]ウィンドウ

System Manager 9.6以降では、[ファイル アクセスのトレース]ウィンドウを使用して、SVMのファイルや共有にCIFSまたはNFSプロトコルを使用してアクセスする際の問題を診断できます。

コマンド ボタン

続行
選択したSVMのファイル アクセスのトレースを設定して開始します。
プロトコル
選択したSVMのファイルまたは共有へのアクセスに使用しているプロトコル(CIFSまたはNFS)を選択できます。
[アドバンスト オプション]アイコン
追加の情報を指定してトレースの範囲を絞り込むことができます。
トレース結果に表示
[アドバンスト オプション]ダイアログ ボックスのトレース結果に、拒否されたファイル アクセス要求だけを表示するか、 すべてのファイル アクセス要求(成功した要求と拒否された要求)を表示するかを指定できます。
トレースを開始
トレースを開始します。結果には、トレースを開始してから60分以内に送信されたファイル アクセス要求で発生した問題が表示されます。
トレースを停止
トレースを停止します。
権限を表示
権限を表示できます。CIFSプロトコルを使用している場合は、有効なファイル権限と共有権限を表示できます。NFSプロトコルを使用している場合は、有効なファイル権限を表示できます。
クリップボードにコピー
結果リストをクリップボードにコピーできます。
トレース結果をエクスポート
トレース結果をカンマ区切り値(.csv)形式でファイルにエクスポートできます。

入力フィールド

ユーザ名
トレースするファイル アクセス要求エラーが返されたユーザの名前を入力します。
トレース結果の検索
検索結果で検索する具体的な情報を入力し、Enterキーを押します。
クライアントIPアドレス
[アドバンスト オプション]ダイアログ ボックスで、クライアントのIPアドレスを追加で指定してトレースの範囲を絞り込むことができます。
ファイル
[アドバンスト オプション]ダイアログ ボックスで、アクセスを試行したファイルまたはファイル パスを追加で指定してトレースの範囲を絞り込むことができます。

CIFSプロトコルのトレース結果リスト

CIFSプロトコルを指定した場合、指定したパラメータに基づいて次のデータがトレース結果リストに表示されます。アラームは新しいものから順番に表示されます。トレースを停止しても、別のトレースを開始するまでリスト内の結果はクリアされません。

NFSプロトコルのトレース結果リスト

NFSプロトコルを指定した場合、指定したパラメータに基づいて次のデータがトレース結果リストに表示されます。アラームは新しいものから順番に表示されます。トレースを停止しても、別のトレースを開始するまでリスト内の結果はクリアされません。