スイッチバックの実行

System Manager 9.6以降では、スイッチオーバー処理の完了後にスイッチバック処理を実行して、元のMetroClusterサイト(サイトB)に制御を戻すことができます。

開始する前に

スイッチバック処理を実行する前に、次の作業が完了している必要があります。

タスク概要

スイッチオーバー処理が成功すると、[MetroCluster スイッチオーバーとスイッチバックの処理]ウィンドウが表示されます。このウィンドウには、両方のサイトのステータスおよび処理が成功したことを示すメッセージが表示されます。

手順

  1. [サイト A からサイト B へのスイッチバック]をクリックしてスイッチバック処理を開始します。
    スイッチバック処理によってMetroClusterの制御がサイトBに戻ること、およびプロセスに時間がかかる可能性があることを示す警告メッセージが表示されます。
  2. 続行する場合は、[はい]をクリックします。
  3. スイッチバック プロセスが完了したら、次のいずれかの手順を実行します。
    • スイッチバック処理が成功した場合は、[完了]をクリックしてMetroCluster処理の完了を確認します。
      注:スイッチバック処理が完了したことを示すSystem Managerのメッセージは、処理の完了を確認するまで表示されたままです。スイッチバック処理の完了を確認するまで、別の処理を開始したり、以降のスイッチオーバー / スイッチバック処理を監視したりすることはできません。
    • スイッチバック処理が失敗した場合は、ステータス領域の上部にエラー メッセージが表示されます。必要に応じて修正を行い、[サイト A からサイト B へのスイッチバック]をクリックしてプロセスを再試行します。