保護ポリシーの作成

System Managerを使用して、非同期ミラー ポリシー、バックアップ ポリシー、またはミラーとバックアップのポリシーを作成し、作成したポリシーをデータ保護関係に適用することができます。

手順

  1. [ストレージ] > [SVM]をクリックします。
  2. 保護ポリシーを作成するStorage Virtual Machine(SVM)を選択し、[SVM設定]をクリックします。
  3. [ポリシー]ペインで、[保護ポリシー]をクリックします。
  4. [作成]をクリックします。
  5. [ポリシーの作成]ダイアログ ボックスで、作成するポリシー タイプを選択します。
  6. ポリシー名と転送の優先順位を指定します。
    転送の優先順位を「低」にすると優先順位が最も低くなり、優先順位が「通常」の転送よりもあとにスケジュールされます。デフォルトでは、優先順位は「中」に設定されます。
  7. オプション: 非同期ミラー タイプのポリシーの場合は、[ソースのSnapshotコピーをすべて転送]チェック ボックスを選択して、「all_source_snapshots」ルールをミラー ポリシーに含めます。このルールは、ソース ボリュームからすべてのSnapshotコピーをバックアップするためのものです。
  8. オプション: データ転送中に転送されるデータを圧縮する場合は、[ネットワーク圧縮を有効にする]チェック ボックスを選択します。
  9. オプション: [コメントを追加]をクリックしてポリシーのコメントを追加します。
  10. バックアップまたはミラー バックアップ タイプのポリシーの場合は、SnapMirrorラベルとデスティネーションの保持数を指定します。
  11. [作成]をクリックします。