[SNMP]ウィンドウ

[SNMP]ウィンドウでは、システムの現在のSNMP設定を表示できます。システムのSNMP設定の変更、SNMPプロトコルの有効化、およびトラップ ホストの追加も行うことができます。

コマンド ボタン

有効化 / 無効化
SNMPを有効または無効にします。
編集
[SNMP設定の編集]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックスで、ストレージ システムのSNMPコミュニティを指定したり、トラップを有効または無効にしたりできます。
トラップ ホストのテスト
設定済みのすべてのホストにテスト トラップを送信し、すべてのホストにテスト トラップが到達するかどうか、およびSNMPが正しく設定されているかどうかを確認します。
リフレッシュ
ウィンドウ内の情報を更新します。

詳細

詳細領域には、ストレージ システムのSNMPサーバとトラップ ホストに関する次の情報が表示されます。

SNMP
SNMPが有効になっているかどうかが表示されます。
トラップ
SNMPトラップが有効になっているかどうかが表示されます。
場所
SNMPサーバのアドレスが表示されます。
コンタクト
SNMPサーバの連絡先の詳細が表示されます。
トラップ ホストのIPアドレス
トラップ ホストのIPアドレスが表示されます。
コミュニティ名
SNMPサーバのコミュニティ名が表示されます。
セキュリティ名
SNMPサーバのセキュリティ形式が表示されます。