ミラーとバックアップ関係の休止

System Managerを使用して、Snapshotコピーを作成する前にデスティネーション ボリュームを休止して、安定した状態にすることができます。休止処理を実行すると、アクティブなデータ転送が完了したあと、ミラーとバックアップ関係の以降の転送が実行されなくなります。

開始する前に

ミラーとバックアップ関係は、SnapMirror済みの状態である必要があります。

手順

  1. [保護] > [ボリューム関係]をクリックします。
  2. 休止するミラーとバックアップ関係を選択し、[操作] > [休止]をクリックします。
  3. 確認のチェック ボックスを選択し、[休止]をクリックします。

タスクの結果

実行中の転送がない場合、転送ステータスは[休止]と表示されます。実行中の転送がある場合、転送はそのまま続行され、完了するまで転送ステータスは[休止中]と表示されます。