エクスポート ポリシーへのルールの追加

System Managerを使用してエクスポート ポリシーにルールを追加して、データへのクライアント アクセスを定義できます。

開始する前に

エクスポート ルールを追加するエクスポート ポリシーを作成しておく必要があります。

手順

  1. [SVM]タブをクリックします。
  2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
  3. [SVM設定]タブをクリックします。
  4. [ポリシー]ペインで、[エクスポート ポリシー]をクリックします。
  5. エクスポート ポリシーを選択し、[エクスポート ルール]タブで[追加]をクリックします。
  6. [エクスポート ルールの作成]ダイアログ ボックスで、次の手順を実行します。
    1. データへのアクセスを必要とするクライアントを指定します。

      カンマで区切って複数のクライアントを指定できます。

      クライアントは次のいずれかの形式で指定できます。
      • ホスト名(例:host1)
      • IPv4アドレス(例:10.1.12.24)
      • IPv4アドレスとネットワーク マスク(例:10.1.16.0/255.255.255.0)
      • IPv6アドレス(例:FE80::0202:B3FF:FE1E:8329)
      • IPv6アドレスとネットワーク マスク(例:2001:db8::/32)
      • アットマーク(@)で始まるネットグループ名(例:@netgroup)
      • ピリオド(.)で始まるドメイン名(例:.example.com)
      注:10.1.12.10-10.1.12.70のように、IPアドレスの範囲を入力することはできません。この形式のエントリはテキスト文字列と解釈され、ホスト名として扱われます。

      すべてのホストへのアクセスを許可する場合は、IPv4アドレスとして0.0.0.0/0と入力します。

    2. ルール インデックス番号を変更する場合は、適切なルール インデックス番号を選択します。
    3. 1つ以上のアクセス プロトコルを選択します。
      アクセス プロトコルを指定しない場合は、デフォルト値である「いずれか」がエクスポート ルールに割り当てられます。
    4. 1つ以上のセキュリティ タイプおよびアクセス ルールを選択します。
  7. [OK]をクリックします。
  8. 選択したエクスポート ポリシーの[エクスポート ルール]タブで、追加したエクスポート ルールが表示されていることを確認します。