アグリゲートの手動作成によるストレージのプロビジョニング

HDDのみまたはSSDのみで構成されるアグリゲートは、System Managerを使用して手動で作成できます。

開始する前に

ディスクはすべて同じサイズである必要があります。

タスク概要

手順

  1. 次のいずれかの方法を使用してアグリゲートを作成します。
    • [アプリケーションと階層] > [ストレージ階層] > [アグリゲートの追加]をクリックします。
    • [ストレージ] > [アグリゲートとディスク] > [アグリゲート] > [作成]をクリックします。
  2. [アグリゲートを手動で作成する]オプションを有効にしてアグリゲートを作成します。
  3. アグリゲートを作成するには、次の手順を実行します。
    1. アグリゲート名、ディスク タイプ、およびアグリゲートに含めるディスクまたはパーティションの数を指定します。
      ディスク サイズが最大のディスク グループに対して、最小限のホット スペアのルールが適用されます。
    2. オプション: 次の手順で、アグリゲートのRAID構成を変更します。
      1. [変更]をクリックします。
      2. [RAID構成の変更]ダイアログ ボックスで、RAIDタイプとRAIDグループ サイズを指定します。

        共有ディスクの場合、RAIDタイプとしてRAID-DPのみがサポートされます。

      3. [保存]をクリックします。
    3. アグリゲートをミラーする場合は、[このアグリゲートをミラーする]チェック ボックスを選択します。
      MetroCluster構成の場合、ミラーされていないアグリゲートは作成できません。そのため、MetroCluster構成の場合はミラーリング オプションがデフォルトで有効になります。
  4. [作成]をクリックします。

タスクの結果

指定した構成でアグリゲートが作成され、[アグリゲート]ウィンドウのアグリゲート リストに追加されます。