管理者に割り当てられているロールの変更

security login modifyコマンドを使用して、クラスタやSVMの管理者アカウントのロールを変更できます。事前定義またはカスタムのロールを割り当てることができます。

開始する前に

このタスクを実行するには、クラスタ管理者である必要があります。

手順

クラスタ管理者またはSVM管理者のロールを変更します。 security login modify -vserver SVM_name -user-or-group-name user_or_group_name -application application -authmethod authentication_method -role role -comment comment
コマンド構文全体については、ワークシートを参照してください。

ログイン アカウントの作成または変更

次のコマンドは、ADクラスタ管理者アカウントDOMAIN1\guest1のロールを事前定義のreadonlyロールに変更します。

cluster1::>security login modify -vserver engCluster -user-or-group-name DOMAIN1\guest1 -application ssh -authmethod domain -role readonly

次のコマンドは、ADグループ アカウントDOMAIN1\adgroupSVM管理者アカウントのロールをカスタムのvol_roleロールに変更します。

cluster1::>security login modify -vserver engData -user-or-group-name DOMAIN1\adgroup -application ssh -authmethod domain -role vol_role