ホスト名解決のためのDNSの有効化

SVMでDNSを有効にして、ホスト名解決にDNSを使用するように設定するには、vserver services name-service dnsコマンドを使用します。ホスト名は、外部DNSサーバを使用して解決されます。

開始する前に

ホスト名を検索するために、サイト規模のDNSサーバが使用できなければなりません。

単一点障害を回避するには、複数のDNSサーバを設定する必要があります。入力したDNSサーバ名が1つだけの場合は、vserver services name-service dns createコマンドによって警告が表示されます。

タスク概要

ネットワーク管理ガイドには、SVMでの動的DNSの設定に関する情報が記載されています。

手順

  1. SVMでDNSを有効にします。 vserver services name-service dns create -vserver vserver_name -domains domain_name -name-servers ip_addresses -state enabled

    次のコマンドは、vs1というSVMで外部DNSサーバを有効にします。

    vserver services name-service dns create -vserver vs1.example.com -domains example.com -name-servers 192.0.2.201,192.0.2.202 -state enabled
    注: ONTAP 9.2以降では、vserver services name-service dns createコマンドによって設定の自動検証が行われ、ONTAPがネーム サーバに接続できない場合はエラー メッセージが報告されます。
  2. vserver services name-service dns showコマンドを使用して、DNSドメイン設定を表示します。

    次のコマンドは、クラスタ内のすべてのSVMのDNS設定を表示します。

    vserver services name-service dns show
                                                 Name
    Vserver           State     Domains             Servers
    ----------------- --------- ------------------- -------------
    cluster1          enabled   example.com         192.0.2.201,
                                                    192.0.2.202
    vs1.example.com   enabled   example.com         192.0.2.201,
                                                    192.0.2.202
    

    次のコマンドは、SVM vs1のDNS設定の詳細を表示します。

    vserver services name-service dns show -vserver vs1.example.com
                   Vserver: vs1.example.com
                   Domains: example.com
              Name Servers: 192.0.2.201, 192.0.2.202
        Enable/Disable DNS: enabled
            Timeout (secs): 2
          Maximum Attempts: 1
    
  3. vserver services name-service dns checkコマンドを使用して、ネーム サーバのステータスを検証します。

    vserver services name-service dns checkコマンドは、ONTAP 9.2以降で使用できます。

    vserver services name-service dns check -vserver vs1.example.com
    
    Vserver           Name Server     Status       Status Details
    ----------------  -------------   ----------   --------------------------
    vs1.example.com   10.0.0.50         up         Response time (msec): 2
    vs1.example.com   10.0.0.51         up         Response time (msec): 2