専用ポートでのクラスタ間LIFの設定

専用ポートにクラスタ間LIFを設定できます。通常は、この設定により、レプリケーション トラフィックに使用可能な帯域幅が拡張します。

手順

  1. クラスタ内のポートの一覧を表示します。network port show
    コマンド構文全体については、マニュアル ページを参照してください。
    次の例は、cluster01内のネットワーク ポートを示しています。
    cluster01::> network port show
                                                                 Speed (Mbps)
    Node   Port      IPspace      Broadcast Domain Link   MTU    Admin/Oper
    ------ --------- ------------ ---------------- ----- ------- ------------
    cluster01-01
           e0a       Cluster      Cluster          up     1500   auto/1000
           e0b       Cluster      Cluster          up     1500   auto/1000
           e0c       Default      Default          up     1500   auto/1000
           e0d       Default      Default          up     1500   auto/1000
           e0e       Default      Default          up     1500   auto/1000
           e0f       Default      Default          up     1500   auto/1000
    cluster01-02
           e0a       Cluster      Cluster          up     1500   auto/1000
           e0b       Cluster      Cluster          up     1500   auto/1000
           e0c       Default      Default          up     1500   auto/1000
           e0d       Default      Default          up     1500   auto/1000
           e0e       Default      Default          up     1500   auto/1000
           e0f       Default      Default          up     1500   auto/1000
    
  2. クラスタ間の通信専用に使用可能なポートを特定します。network interface show -fields home-port,curr-port
    コマンド構文全体については、マニュアル ページを参照してください。
    次の例は、ポートe0eとポートe0fにLIFが割り当てられていないことを示しています。
    cluster01::> network interface show -fields home-port,curr-port
    vserver lif                  home-port curr-port
    ------- -------------------- --------- ---------
    Cluster cluster01-01_clus1   e0a       e0a
    Cluster cluster01-01_clus2   e0b       e0b
    Cluster cluster01-02_clus1   e0a       e0a
    Cluster cluster01-02_clus2   e0b       e0b
    cluster01
            cluster_mgmt         e0c       e0c
    cluster01
            cluster01-01_mgmt1   e0c       e0c
    cluster01
            cluster01-02_mgmt1   e0c       e0c
    
  3. 専用ポートのフェイルオーバー グループを作成します。network interface failover-groups create -vserver system_SVM -failover-group failover_group -targets physical_or_logical_ports
    次の例は、ポートe0eとポートe0fを、システムSVM cluster01上のフェイルオーバー グループintercluster01に割り当てます。
    cluster01::> network interface failover-groups create -vserver cluster01 -failover-group 
    intercluster01 -targets 
    cluster01-01:e0e,cluster01-01:e0f,cluster01-02:e0e,cluster01-02:e0f
  4. フェイルオーバー グループが作成されたことを確認します。network interface failover-groups show
    コマンド構文全体については、マニュアル ページを参照してください。
    cluster01::> network interface failover-groups show
                                      Failover
    Vserver          Group            Targets
    ---------------- ---------------- --------------------------------------------
    Cluster
                     Cluster
                                      cluster01-01:e0a, cluster01-01:e0b,
                                      cluster01-02:e0a, cluster01-02:e0b
    cluster01
                     Default
                                      cluster01-01:e0c, cluster01-01:e0d,
                                      cluster01-02:e0c, cluster01-02:e0d,
                                      cluster01-01:e0e, cluster01-01:e0f
                                      cluster01-02:e0e, cluster01-02:e0f
                     intercluster01
                                      cluster01-01:e0e, cluster01-01:e0f
                                      cluster01-02:e0e, cluster01-02:e0f
  5. システムSVMにクラスタ間LIFを作成して、フェイルオーバー グループに割り当てます。
    オプション 説明
    ONTAP 9.6以降: network interface create -vserver system_SVM -lif LIF_name -service-policy default-intercluster -home-node node -home-port port -address port_IP -netmask netmask -failover-group failover_group
    ONTAP 9.5以前: network interface create -vserver system_SVM -lif LIF_name -role intercluster -home-node node -home-port port -address port_IP -netmask netmask -failover-group failover_group
    コマンド構文全体については、マニュアル ページを参照してください。
    次の例は、フェイルオーバー グループintercluster01にクラスタ間LIF cluster01_icl01cluster01_icl02を作成します。
    cluster01::> network interface create -vserver cluster01 -lif cluster01_icl01 -service-
    policy default-intercluster -home-node cluster01-01 -home-port e0e -address 192.168.1.201 
    -netmask 255.255.255.0 -failover-group intercluster01
    
    cluster01::> network interface create -vserver cluster01 -lif cluster01_icl02 -service-
    policy default-intercluster -home-node cluster01-02 -home-port e0e -address 192.168.1.202 
    -netmask 255.255.255.0 -failover-group intercluster01
    
  6. クラスタ間LIFが作成されたことを確認します。
    オプション 説明
    ONTAP 9.6以降: network interface show -service-policy default-intercluster
    ONTAP 9.5以前: network interface show -role intercluster
    コマンド構文全体については、マニュアル ページを参照してください。
    cluster01::> network interface show -service-policy default-intercluster
                Logical    Status     Network            Current       Current Is
    Vserver     Interface  Admin/Oper Address/Mask       Node          Port    Home
    ----------- ---------- ---------- ------------------ ------------- ------- ----
    cluster01
                cluster01_icl01
                           up/up      192.168.1.201/24   cluster01-01  e0e     true
                cluster01_icl02
                           up/up      192.168.1.202/24   cluster01-02  e0f     true
  7. クラスタ間LIFが冗長構成になっていることを確認します。
    オプション 説明
    ONTAP 9.6以降: network interface show -service-policy default-intercluster -failover
    ONTAP 9.5以前: network interface show -role intercluster -failover
    コマンド構文全体については、マニュアル ページを参照してください。
    次の例は、SVMe0eポート上のクラスタ間LIF cluster01_icl01cluster01_icl02e0fポートにフェイルオーバーされることを示しています。
    cluster01::> network interface show -service-policy default-intercluster –failover
             Logical         Home                  Failover        Failover
    Vserver  Interface       Node:Port             Policy          Group
    -------- --------------- --------------------- --------------- --------
    cluster01-01
             cluster01-01_icl01 cluster01-01:e0e   local-only      intercluster01
                                Failover Targets:  cluster01-01:e0e,
                                                   cluster01-01:e0f
             cluster01-01_icl02 cluster01-02:e0e   local-only      intercluster01
                                Failover Targets:  cluster01-02:e0e,
                                                   cluster01-02:e0f