クラスタ ピア関係の作成(ONTAP 9.2以前)

cluster peer createコマンドを使用して、ローカル クラスタとリモート クラスタ間にピア関係を作成する要求を開始できます。ローカル クラスタからピア関係を要求したあと、リモート クラスタでcluster peer createを実行して関係を承認します。

開始する前に

手順

  1. データ保護のデスティネーション クラスタで、データ保護のソース クラスタとのピア関係を作成します。cluster peer create -peer-addrs peer_LIF_IPs -ipspace ipspace
    カスタムIPspaceを使用しない場合は、-ipspaceオプションを無視してかまいません。コマンド構文全体については、マニュアル ページを参照してください。
    次の例は、クラスタ間LIFのIPアドレス192.168.2.201および192.168.2.202で、リモート クラスタとのクラスタ ピア関係を作成します。
    cluster02::> cluster peer create -peer-addrs 192.168.2.201,192.168.2.202
    Enter the passphrase: 
    Please enter the passphrase again:
    プロンプトが表示されたら、ピア関係のパスフレーズを入力します。
  2. データ保護のソース クラスタで、ソース クラスタをデスティネーション クラスタに対して認証します。cluster peer create -peer-addrs peer_LIF_IPs -ipspace ipspace
    コマンド構文全体については、マニュアル ページを参照してください。
    次の例は、クラスタ間LIFのIPアドレス192.140.112.203および192.140.112.204で、ローカル クラスタをリモート クラスタに対して認証します。
    cluster01::> cluster peer create -peer-addrs 192.168.2.203,192.168.2.204
    Please confirm the passphrase: 
    Please confirm the passphrase again:
    プロンプトが表示されたら、ピア関係のパスフレーズを入力します。
  3. クラスタ ピア関係が作成されたことを確認します。cluster peer show –instance
    コマンド構文全体については、マニュアル ページを参照してください。
    cluster01::> cluster peer show –instance
    Peer Cluster Name: cluster01
    Remote Intercluster Addresses: 192.168.2.201,192.168.2.202
    Availability: Available
    Remote Cluster Name: cluster02
    Active IP Addresses: 192.168.2.201,192.168.2.202
    Cluster Serial Number: 1-80-000013
  4. ピア関係にあるノードの接続状態とステータスを確認します。cluster peer health show
    コマンド構文全体については、マニュアル ページを参照してください。
    cluster01::> cluster peer health show
    Node       cluster-Name                Node-Name
                 Ping-Status               RDB-Health Cluster-Health  Avail…
    ---------- --------------------------- ---------  --------------- --------
    cluster01-01
               cluster02                   cluster02-01
                 Data: interface_reachable
                 ICMP: interface_reachable true       true            true
                                           cluster02-02
                 Data: interface_reachable
                 ICMP: interface_reachable true       true            true
    cluster01-02
               cluster02                   cluster02-01
                 Data: interface_reachable
                 ICMP: interface_reachable true       true            true
                                           cluster02-02
                 Data: interface_reachable
                 ICMP: interface_reachable true       true            true