非同期SnapMirrorディザスタ リカバリの基本

SnapMirrorは、地理的に離れたサイトのプライマリ ストレージからセカンダリ ストレージへのフェイルオーバー用に設計されたディザスタ リカバリ テクノロジです。名前が示すように、SnapMirrorは本番データの複製(ミラー)をセカンダリ ストレージに作成し、プライマリ サイトに災害が発生しても、セカンダリ ストレージから引き続きデータを提供できるようにします。

プライマリ サイトから引き続きデータを提供できる場合は、必要なデータをプライマリ サイトに戻すことができます。ミラーからクライアントを提供することはありません。 フェイルオーバーの事例で示すように、ミラーリングされたストレージからデータを効率的に提供するには、セカンダリ システム上のコントローラがプライマリ システム上のコントローラと同じであるか、ほぼ同じである必要があります。

データ保護関係

データのミラーリングはボリューム単位で行われます。プライマリ ストレージのソース ボリュームと、セカンダリ ストレージのデスティネーション ボリュームの関係はデータ保護関係と呼ばれます。ボリュームが含まれるクラスタとボリュームからデータを提供するSVMピア関係が確立されている必要があります。ピア関係にあることで、クラスタとSVM間でデータをセキュアにやり取りできます。

クラスタとSVMのピアリングの簡単な設定

次の図は、SnapMirrorデータ保護関係を示しています。



データ保護関係の範囲

ボリューム間またはボリュームを所有するSVM間で直接データ保護関係を作成できます。SVMデータ保護関係では、SVMのすべてまたは一部の設定がNFSエクスポートおよびSMB共有からRBACにレプリケートされます。また、SVMが所有するボリューム内のデータもレプリケートされます。

次に示す2つの特殊なデータ保護アプリケーションにSnapMirrorを使用することもできます。

SnapMirrorデータ保護関係を初期化する方法

SnapMirrorを初めて起動すると、ソース ボリュームからデスティネーション ボリュームへのベースライン転送が実行されます。関係のSnapMirrorポリシーでは、ベースラインおよび更新の内容を定義します。

デフォルトのSnapMirrorポリシーであるMirrorAllSnapshotsに基づくベースライン転送では、次の手順を実行します。

SnapMirrorデータ保護関係を更新する方法

更新は、設定されたスケジュールに従って非同期に行われます。保持処理によって、ソース上のSnapshotポリシーがミラーリングされます。

MirrorAllSnapshotsポリシーに基づく各更新では、SnapMirrorがソース ボリュームのSnapshotコピーを作成し、そのSnapshotコピーと前回の更新後に作成されたすべてのSnapshotコピーを転送します。以下に示すMirrorAllSnapshotsポリシーのsnapmirror policy showコマンドの出力では、次の点に注意してください。

cluster_dst::> snapmirror policy show -policy MirrorAllSnapshots -instance

                     Vserver: vs0
      SnapMirror Policy Name: MirrorAllSnapshots
      SnapMirror Policy Type: async-mirror
                Policy Owner: cluster-admin
                 Tries Limit: 8
           Transfer Priority: normal
   Ignore accesstime Enabled: false
     Transfer Restartability: always
 Network Compression Enabled: false
             Create Snapshot: true
                     Comment: Asynchronous SnapMirror policy for mirroring all snapshots 
                              and the latest active file system.
       Total Number of Rules: 2
                  Total Keep: 2
                       Rules: SnapMirror Label     Keep  Preserve Warn Schedule Prefix
                              ----------------     ----  -------- ---- -------- ------
                              sm_created              1  false       0 -        -
                              all_source_snapshots    1  false       0 -        -

MirrorLatestポリシー

事前設定されたMirrorLatestポリシーは、MirrorAllSnapshotsとまったく同様に機能します。ただし、初期化および更新の際に転送されるのは、SnapMirrorで作成されたSnapshotコピーのみです。

                       Rules: SnapMirror Label     Keep  Preserve Warn Schedule Prefix
                              ----------------     ----  -------- ---- -------- ------
                              sm_created              1  false       0 -        -