カスタム レプリケーション ポリシーの作成

関係のデフォルト ポリシーが適切でない場合は、カスタム レプリケーション ポリシーを作成できます。たとえば、ネットワーク転送の際にデータを圧縮したり、Snapshotコピーを転送するためのSnapMirrorの試行回数を変更したりできます。

タスク概要

レプリケーション ポリシーのポリシー タイプによって、そのポリシーがサポートする関係のタイプが決まります。次の表は、使用可能なポリシー タイプを示しています。

ポリシー タイプ

関係タイプ

async-mirror SnapMirror DR
vault SnapVault
mirror-vault ユニファイド レプリケーション
strict-sync-mirror StrictSyncモードのSnapMirror Synchronous(ONTAP 9.5以降でサポート)
sync-mirror SyncモードのSnapMirror Synchronous(ONTAP 9.5以降でサポート)
ヒント: カスタム レプリケーション ポリシーを作成する場合は、デフォルト ポリシーをモデルとすることを推奨します。

手順

カスタム レプリケーション ポリシーを作成します。snapmirror policy create -vserver SVM -policy policy -type async-mirror|vault|mirror-vault|strict-sync-mirror|sync-mirror -comment comment -tries transfer_tries -transfer-priority low|normal -is-network-compression-enabled true|false

コマンド構文全体については、マニュアル ページを参照してください。

ONTAP 9.5以降では、-common-snapshot-scheduleパラメータを使用して、SnapMirror Synchronous関係の共通のSnapshotコピー スケジュールを作成するスケジュールを指定できます。デフォルトでは、SnapMirror Synchronous関係の共通のSnapshotコピー スケジュールは1時間です。SnapMirror Synchronous関係のSnapshotコピー スケジュールの値は、30分から2時間までの範囲で指定できます。

次の例は、データ転送のためにネットワーク圧縮を有効にする、SnapMirror DR用のカスタム レプリケーション ポリシーを作成します。
cluster_dst::> snapmirror policy create -vserver svm1 -policy DR_compressed -type async-mirror -comment DR with network compression enabled -is-network-compression-enabled true 
次の例は、SnapVault用のカスタム レプリケーション ポリシーを作成します。
cluster_dst::> snapmirror policy create -vserver svm1 -policy my_snapvault -type vault
次の例は、ユニファイド レプリケーション用のカスタム レプリケーション ポリシーを作成します。
cluster_dst::> snapmirror policy create -vserver svm1 -policy my_unified -type mirror-vault
次の例は、StrictSyncモードのSnapMirror Synchronous関係用のカスタム レプリケーション ポリシーを作成します。
cluster_dst::> snapmirror policy create -vserver svm1 -policy my_strictsync -type strict-sync-mirror -common-snapshot-schedule my_sync_schedule

終了後の操作

ポリシー タイプがvaultおよびmirror-vaultの場合は、初期化と更新の際に転送するSnapshotコピーを決定するルールを定義する必要があります。

snapmirror policy showコマンドを使用して、SnapMirrorポリシーが作成されたことを確認します。コマンド構文全体については、マニュアル ページを参照してください。