元のソースSVMの再アクティブ化(FlexGroupボリュームのみ)

デスティネーションからデータを提供する必要がなくなった場合は、ソースSVMとデスティネーションSVMの間で元のデータ保護関係を再確立できます。FlexGroupボリュームを使用している場合に元のソースSVMを再アクティブ化するには、いくつか追加手順を実行する必要があります。まず、元のSVM DR関係を削除し、元の関係をリリースしてから関係を反転する必要があります。また、スケジュールされた転送を停止する前に、反転した関係をリリースし、元の関係を再作成する必要もあります。

手順

  1. 元のデスティネーションSVMまたはデスティネーション クラスタから、元のSVM DR関係を削除します。snapmirror delete -source-path SVM: -destination-path SVM:
    注: -source-pathオプションと-destination-pathオプションでは、SVM名のあとにコロン(:)を入力する必要があります。以下の例を参照してください。

    次の例は、元のソースSVM svm1とデスティネーションSVM svm_backupの間の元の関係を削除します。

    cluster_dst::> snapmirror delete -source-path svm1: -destination-path svm_backup:
  2. 元のソースSVMまたはソース クラスタから、Snapshotコピーは残したまま、元の関係をリリースします。snapmirror release -source-path SVM: -destination-path SVM: -relationship-info-only true
    注: -source-pathオプションと-destination-pathオプションでは、SVM名のあとにコロン(:)を入力する必要があります。以下の例を参照してください。

    次の例は、元のソースSVM svm1と元のデスティネーションSVM svm_backupの間の元の関係をリリースします。

    cluster_src::> snapmirror release -source-path svm1: -destination-path svm_backup: -relationship-info-only true
  3. 元のソースSVMまたはソース クラスタから、元のSVM DR関係と同じ設定、ポリシー、およびidentity-preserve設定を使用して、反転したSVM DR関係を作成します。snapmirror create -source-path SVM: -destination-path SVM:
    注: -source-pathオプションと-destination-pathオプションでは、SVM名のあとにコロン(:)を入力する必要があります。以下の例を参照してください。

    次の例は、データの提供元であるSVM svm_backupと元のソースSVM svm1の間に関係を作成します。

    cluster_src::> snapmirror create -source-path svm_backup: -destination-path svm1:
  4. 元のソースSVMまたはソース クラスタから次のコマンドを実行して、データ保護関係を反転します。snapmirror resync -source-path SVM: -destination-path SVM:
    注: -source-pathオプションと-destination-pathオプションでは、SVM名のあとにコロン(:)を入力する必要があります。以下の例を参照してください。

    再同期の際にベースライン転送は不要ですが、再同期には時間がかかる場合があります。再同期はオフピークの時間帯に実行することを推奨します。

    注: ソースとデスティネーションに共通のSnapshotコピーが存在しない場合、このコマンドは失敗します。snapmirror initializeを使用して関係を再初期化してください。
    次の例は、元のソースSVM svm1とデータの提供元であるSVM svm_backupの間の関係を反転します。
    cluster_src::> snapmirror resync -source-path svm_backup: -destination-path svm1:
  5. 元のソースSVMへのデータ アクセスを再確立する準備ができたら、元のデスティネーションSVMを停止してSVMに接続されているクライアントをすべて切断します。 vserver stop -vserver SVM
    次の例は、現在データを提供している元のデスティネーションSVMを停止します。
    cluster_dst::> vserver stop svm_backup
  6. vserver showコマンドを使用して、元のデスティネーションSVMの状態がstoppedであることを確認します。
    cluster_dst::> vserver show
                                      Admin      Operational Root
    Vserver        Type    Subtype    State      State       Volume     Aggregate
    --------       ------- ---------- ---------- ----------- ---------- ----------
    svm_backup     data    default    stopped    stopped     rv         aggr1
    
  7. 元のソースSVMまたはソース クラスタから次のコマンドを実行して反転した関係を最後にもう一度更新し、元のデスティネーションSVMから元のソースSVMにすべての変更を転送します。 snapmirror update -source-path SVM: -destination-path SVM:
    注: -source-pathオプションと-destination-pathオプションでは、SVM名のあとにコロン(:)を入力する必要があります。以下の例を参照してください。
    次の例は、データの提供元である元のデスティネーションSVM svm_backupと元のソースSVM svm1の間の関係を更新します。
    cluster_src::> snapmirror update -source-path svm_backup: -destination-path svm1:
  8. 元のソースSVMまたはソース クラスタから次のコマンドを実行して、反転した関係のスケジュールされた転送を停止します。 snapmirror quiesce -source-path SVM: -destination-path SVM:
    注: -source-pathオプションと-destination-pathオプションでは、SVM名のあとにコロン(:)を入力する必要があります。以下の例を参照してください。
    次の例は、データの提供元のSVM svm_backupと元のSVM svm1の間のスケジュールされた転送を停止します。
    cluster_src::> snapmirror quiesce -source-path svm_backup: -destination-path svm1:
  9. 最後の更新が完了して関係のステータスが「Quiesced」になったら、元のソースSVMまたは元のソース クラスタから次のコマンドを実行して反転した関係を解除します。 snapmirror break -source-path SVM: -destination-path SVM:
    注: -source-pathオプションと-destination-pathオプションでは、SVM名のあとにコロン(:)を入力する必要があります。以下の例を参照してください。
    次の例は、データの提供元である元のデスティネーションSVM svm_backupと元のソースSVM svm1の間の関係を解除します。
    cluster_src::> snapmirror break -source-path svm_backup: -destination-path svm1:
  10. 元のソースSVMまたはソース クラスタから、反転したSVM DR関係を削除します。snapmirror delete -source-path SVM: -destination-path SVM:
    注: -source-pathオプションと-destination-pathオプションでは、SVM名のあとにコロン(:)を入力する必要があります。以下の例を参照してください。

    次の例は、元のデスティネーションSVM svm_backupと元のソースSVM svm1の間の反転した関係を削除します。

    cluster_src::> snapmirror delete -source-path svm_backup: -destination-path svm1:
  11. 元のデスティネーションSVMまたはデスティネーション クラスタから、Snapshotコピーは残したまま、反転した関係をリリースします。snapmirror release -source-path SVM: -destination-path SVM: -relationship-info-only true
    注: -source-pathオプションと-destination-pathオプションでは、SVM名のあとにコロン(:)を入力する必要があります。以下の例を参照してください。

    次の例は、元のデスティネーションSVM svm_backupと元のソースSVM svm1の間の反転した関係をリリースします。

    cluster_dst::> snapmirror release -source-path svm_backup: -destination-path svm1: -relationship-info-only true
  12. 元のデスティネーションSVMまたはデスティネーション クラスタから、元の関係を再作成します。元のSVM DR関係と同じ設定、ポリシー、およびidentity-preserve設定を使用します。snapmirror create -source-path SVM: -destination-path SVM:
    注: -source-pathオプションと-destination-pathオプションでは、SVM名のあとにコロン(:)を入力する必要があります。以下の例を参照してください。

    次の例は、元のソースSVM svm1と元のデスティネーションSVM svm_backupの間に関係を作成します。

    cluster_dst::> snapmirror create -source-path svm1: -destination-path svm_backup:
  13. 元のデスティネーションSVMまたはデスティネーション クラスタから、元のデータ保護関係を再確立します。snapmirror resync -source-path SVM: -destination-path SVM:
    注: -source-pathオプションと-destination-pathオプションでは、SVM名のあとにコロン(:)を入力する必要があります。以下の例を参照してください。
    次の例は、元のソースSVM svm1と元のデスティネーションSVM svm_backupの間の関係を再確立します。
    cluster_dst::> snapmirror resync -source-path svm1: -destination-path svm_backup:
  14. 元のソースSVMを停止していた場合は、元のソース クラスタから元のソースSVMを起動します。vserver start -vserver SVM
    次の例は、元のソースSVMを起動します。
    cluster_src::> vserver start svm1