元のソース ボリュームの再アクティブ化

デスティネーションからデータを提供する必要がなくなった場合は、ソース ボリュームとデスティネーション ボリュームの間で元のデータ保護関係を再確立できます。

タスク概要

次の手順は、元のソース ボリュームにあるベースラインが損なわれていないことを前提としています。ベースラインが損なわれている場合は、この手順を実行する前に、データの提供元のボリュームと元のソース ボリュームの間の関係を作成して初期化する必要があります。

手順

  1. 元のデータ保護関係を削除します。snapmirror delete -source-path SVM:volume|cluster://SVM/volume, ... -destination-path SVM:volume|cluster://SVM/volume, ...
    コマンド構文全体については、マニュアル ページを参照してください。

    このコマンドはデスティネーションSVMまたはデスティネーション クラスタから実行する必要があります。

    次の例は、元のソース ボリュームvolAsvm1上)とデータの提供元のボリュームvolA_dstsvm_backup上)の間の関係を削除します。
    cluster_dst::> snapmirror delete -source-path svm1:volA -destination-path svm_backup:volA_dst
  2. 元のデータ保護関係を反転します。snapmirror resync -source-path SVM:volume|cluster://SVM/volume, ... -destination-path SVM:volume|cluster://SVM/volume, ...
    コマンド構文全体については、マニュアル ページを参照してください。
    このコマンドはデスティネーションSVMまたはデスティネーション クラスタから実行する必要があります。再同期の際にベースライン転送は不要ですが、再同期には時間がかかる場合があります。再同期はオフピークの時間帯に実行することを推奨します。
    次の例は、元のソース ボリュームvolAsvm1上)とデータの提供元のボリュームvolA_dstsvm_backup上)の間の関係を反転します。
    cluster_dst::> snapmirror resync -source-path svm_backup:volA_dst -destination-path svm1:volA
  3. 反転した関係のソースSVMを停止します。vserver stop -vserver SVM
    コマンド構文全体については、マニュアル ページを参照してください。
    次の例は、反転した関係のソースSVMを停止します。
    cluster_src::> vserver stop svm_backup
  4. 反転した関係を更新します。snapmirror update -source-path SVM:volume|cluster://SVM/volume, ... -destination-path SVM:volume|cluster://SVM/volume, ...
    コマンド構文全体については、マニュアル ページを参照してください。
    注: このコマンドはデスティネーションSVMまたはデスティネーション クラスタから実行する必要があります。ソースとデスティネーションに共通のSnapshotコピーが存在しない場合、このコマンドは失敗します。snapmirror initializeを使用して、関係を再初期化してください。
    次の例は、データの提供元のボリュームvolA_dstsvm_backup上)と元のソース ボリュームvolAsvm1上)の間の関係を更新します。
    cluster_dst::> snapmirror update -source-path svm_backup:volA_dst -destination-path svm1:volA
  5. 反転した関係のスケジュールされた転送を停止します。 snapmirror quiesce -source-path SVM:volume|cluster://SVM/volume, ... -destination-path SVM:volume|cluster://SVM/volume, ...
    コマンド構文全体については、マニュアル ページを参照してください。
    注: このコマンドはデスティネーションSVMまたはデスティネーション クラスタから実行する必要があります。
    次の例は、データの提供元のボリュームvolA_dstsvm_backup上)と元のソース ボリュームvolAsvm1上)の間のスケジュールされた転送を停止します。
    cluster_dst::> snapmirror quiesce -source-path svm_backup:volA_dst -destination-path svm1:volA
  6. 反転した関係の実行中の転送を停止します。 snapmirror abort -source-path SVM:volume|cluster://SVM/volume, ... -destination-path SVM:volume|cluster://SVM/volume, ...
    コマンド構文全体については、マニュアル ページを参照してください。
    注: このコマンドはデスティネーションSVMまたはデスティネーション クラスタから実行する必要があります。
    次の例は、データの提供元のボリュームvolA_dstsvm_backup上)と元のソース ボリュームvolAsvm1上)の間の実行中の転送を停止します。
    cluster_dst::> snapmirror abort -source-path svm_backup:volA_dst -destination-path svm1:volA
  7. 反転した関係を解除します。 snapmirror break -source-path SVM:volume|cluster://SVM/volume, ... -destination-path SVM:volume|cluster://SVM/volume, ...
    コマンド構文全体については、マニュアル ページを参照してください。
    注: このコマンドはデスティネーションSVMまたはデスティネーション クラスタから実行する必要があります。
    次の例は、データの提供元のボリュームvolA_dstsvm_backup上)と元のソース ボリュームvolAsvm1上)の間の関係を解除します。
    cluster_dst::> snapmirror break -source-path svm_backup:volA_dst -destination-path svm1:volA
  8. 元のソースSVMを起動します。vserver start -vserver SVM
    コマンド構文全体については、マニュアル ページを参照してください。
    次の例は、元のソースSVMを起動します。
    cluster_dst::> vserver start svm1
  9. 反転したデータ保護関係を削除します。snapmirror delete -source-path SVM:volume|cluster://SVM/volume, ... -destination-path SVM:volume|cluster://SVM/volume, ...
    コマンド構文全体については、マニュアル ページを参照してください。

    このコマンドは反転した関係のソースSVMまたはソース クラスタから実行する必要があります。

    次の例は、元のソース ボリュームvolAsvm1上)とデータの提供元のボリュームvolA_dstsvm_backup上)の間の反転した関係を削除します。
    cluster_src::> snapmirror delete -source-path svm_backup:volA_dst -destination-path svm1:volA
  10. 元のデータ保護関係を再確立します。snapmirror resync -source-path SVM:volume|cluster://SVM/volume, ... -destination-path SVM:volume|cluster://SVM/volume, ...
    コマンド構文全体については、マニュアル ページを参照してください。
    次の例は、元のソース ボリュームvolAsvm1上)と元のデスティネーション ボリュームvolA_dstsvm_backup上)の間の関係を再確立します。
    cluster_dst::> snapmirror resync -source-path svm1:volA -destination-path svm_backup:volA_dst

終了後の操作

snapmirror showコマンドを使用して、SnapMirror関係が作成されたことを確認します。コマンド構文全体については、マニュアル ページを参照してください。