FlexCacheボリュームへのデータの事前取り込み

FlexCacheボリュームにデータを事前に取り込むことで、キャッシュ データにアクセスする時間を短縮できます。

開始する前に

タスク概要

手順

  1. FlexCacheボリュームへデータの事前取り込みを実行します。 volume flexcache prepopulate -cache-vserver vserver_name -cache-volume -path-list path_list -is-recursion true|false
    次の例では、事前取り込み用のディレクトリ パスを1つ指定しています。
    cluster1::*> flexcache prepopulate start -cache-vserver vs2 -cache-volume fg_cachevol_1 -path-list /dir1
      (volume flexcache prepopulate start)
    [JobId 207]: FlexCache prepopulate job queued.
    
    次の例では、事前取り込み用のパスを複数指定しています。
    cluster1::*> flexcache prepopulate start -cache-vserver vs2 -cache-volume fg_cachevol_1 -path-list /dir1,/dir2,/dir3,/dir4
      (volume flexcache prepopulate start)
    [JobId 208]: FlexCache prepopulate job queued.
    
  2. 読み取られたファイルの数を表示します。 job show -id job_ID -ins