FlexGroupボリュームのSnapMirror関係の作成

ディザスタ リカバリ用にデータをレプリケートするために、ピア関係にあるSVMのソースFlexGroupボリュームとデスティネーションFlexGroupボリュームの間でSnapMirror関係を作成することができます。災害が発生したときは、FlexGroupボリュームのミラー コピーを使用してデータをリカバリできます。

開始する前に

クラスタとSVMのピア関係を作成しておく必要があります。

クラスタとSVMのピアリング

タスク概要

手順

  1. ソースFlexGroupボリュームと同じ数のコンスティチュエントで構成されるDPタイプのデスティネーションFlexGroupボリュームを作成します。
    1. ソース クラスタから、ソースFlexGroupボリュームのコンスティチュエントの数を確認します。volume show -volume volume_name* -is-constituent true
      cluster1::> volume show  -volume srcFG* -is-constituent true
      Vserver   Volume       Aggregate    State      Type       Size  Available Used%
      --------- ------------ ------------ ---------- ---- ---------- ---------- -----
      vss       srcFG          -            online     RW         400TB   172.86GB  56%
      vss       srcFG__0001    Aggr_cmode   online     RW         25GB    10.86TB   56%
      vss       srcFG__0002    aggr1        online     RW         25TB    10.86TB   56%
      vss       srcFG__0003    Aggr_cmode   online     RW         25TB    10.72TB   57%
      vss       srcFG__0004    aggr1        online     RW         25TB    10.73TB   57%
      vss       srcFG__0005    Aggr_cmode   online     RW         25TB    10.67TB   57%
      vss       srcFG__0006    aggr1        online     RW         25TB    10.64TB   57%
      vss       srcFG__0007    Aggr_cmode   online     RW         25TB    10.63TB   57%
      ...
    2. デスティネーション クラスタから、ソースFlexGroupボリュームと同じ数のコンスティチュエントで構成されるDPタイプのデスティネーションFlexGroupボリュームを作成します。
      cluster2::> volume create -vserver vsd -aggr-list aggr1,aggr2 -aggr-list-multiplier 8 -size 400TB -type DP dstFG
      
      Warning: The FlexGroup volume "dstFG" will be created with the following number of constituents of size 25TB: 16.
      Do you want to continue? {y|n}: y
      [Job 766] Job succeeded: Successful
      
    3. デスティネーション クラスタから、デスティネーションFlexGroupボリュームのコンスティチュエントの数を確認します。volume show -volume volume_name* -is-constituent true
      cluster2::> volume show  -volume dstFG* -is-constituent true
      Vserver   Volume        Aggregate    State      Type       Size  Available  Used%
      --------- ------------  ------------ ---------- ---- ----------  ---------- -----
      vsd       dstFG          -            online     DP         400TB   172.86GB  56%
      vsd       dstFG__0001    Aggr_cmode   online     DP         25GB    10.86TB   56%
      vsd       dstFG__0002    aggr1        online     DP         25TB    10.86TB   56%
      vsd       dstFG__0003    Aggr_cmode   online     DP         25TB    10.72TB   57%
      vsd       dstFG__0004    aggr1        online     DP         25TB    10.73TB   57%
      vsd       dstFG__0005    Aggr_cmode   online     DP         25TB    10.67TB   57%
      vsd       dstFG__0006    aggr1        online     DP         25TB    10.64TB   57%
      vsd       dstFG__0007    Aggr_cmode   online     DP         25TB    10.63TB   57%
      ...
  2. ジョブ スケジュールを作成します。job schedule cron create -name job_name -month month -dayofweek day_of_week -day day_of_month -hour hour -minute minute
    -month-dayofweek-hourの各オプションにallを指定すると、ジョブを毎月、毎日、および1時間ごとにそれぞれ実行できます。
    次の例は、土曜日の午前3時に実行するmy_weeklyというジョブ スケジュールを作成します。
    cluster1::> job schedule cron create -name my_weekly -dayofweek "Saturday" -hour 3 -minute 0
  3. オプション: SnapMirror関係に使用するasync-mirrorタイプのカスタム ポリシーを作成します。snapmirror policy create -vserver SVM -policy snapmirror_policy -type async-mirror
    カスタム ポリシーを作成しない場合は、SnapMirror関係にMirrorAllSnapshotsポリシーを指定する必要があります。
  4. デスティネーション クラスタから、ソースFlexGroupボリュームとデスティネーションFlexGroupボリュームの間のSnapMirror関係を作成します。snapmirror create -source-path src_svm:src_flexgroup -destination-path dest_svm:dest_flexgroup -type XDP -policy snapmirror_policy -schedule sched_name
    FlexGroupボリュームのSnapMirror関係のタイプはXDPにする必要があります。

    FlexGroupボリュームのSnapMirror関係にスロットル値を指定した場合、各コンスティチュエントにそのスロットル値が使用されます。スロットル値はコンスティチュエント間で分配されません。

    注: FlexGroupボリュームでは、SnapshotコピーのSnapMirrorラベルは使用できません。
    ONTAP 9.4以前では、snapmirror createコマンドでポリシーを指定しなかった場合、デフォルトでMirrorAllSnapshotsポリシーが使用されます。ONTAP 9.5では、snapmirror createコマンドでポリシーを指定しなかった場合、デフォルトでMirrorAndVaultポリシーが使用されます。
    cluster2::> snapmirror create -source-path vss:srcFG -destination-path vsd:dstFG -type XDP -policy MirrorAllSnapshots -schedule hourly
    Operation succeeded: snapmirror create for the relationship with destination "vsd:dstFG".
  5. デスティネーション クラスタから、ベースライン転送を実行してSnapMirror関係を初期化します。snapmirror initialize -destination-path dest_svm:dest_flexgroup
    ベースライン転送の完了後は、SnapMirror関係のスケジュールに基づいて定期的にデスティネーションFlexGroupボリュームが更新されます。
    cluster2::> snapmirror initialize -destination-path vsd:dstFG
    Operation is queued: snapmirror initialize of destination "vsd:dstFG".
    トラブルシューティング: ONTAP 9.3を実行しているソース クラスタとONTAP 9.2以前を実行しているデスティネーション クラスタのFlexGroupボリューム間にSnapMirror関係を作成した場合、ソースFlexGroupボリュームにqtreeを作成するとSnapMirrorの更新が失敗します。この状況からリカバリするには、FlexGroupボリュームからデフォルト以外のすべてのqtreeを削除し、FlexGroupボリュームでqtree機能を無効にしてから、qtree機能で有効化されたSnapshotコピーをすべて削除する必要があります。この手順は、FlexGroupボリュームでqtree機能を有効にしている場合、ONTAP 9.3から以前のバージョンのONTAPにリバートする際にも実行する必要があります。

    アップグレード、リバート、ダウングレード

終了後の操作

LIFやエクスポート ポリシーなどの必要な設定を行って、デスティネーションSVMのデータ アクセスを設定します。