SnapVaultバックアップからのFlexGroupボリュームのリストア

SnapVaultセカンダリ ボリュームにあるSnapshotコピーから、FlexGroupボリュームのフル リストア処理を実行できます。FlexGroupボリュームは元のソース ボリュームにリストアするか、新しいFlexGroupボリュームにリストアできます。

開始する前に

FlexGroupボリュームのリストアに関する一定の考慮事項を確認しておく必要があります。

FlexGroupボリュームのSnapVaultリストア処理に関する考慮事項

タスク概要

デスティネーションFlexGroupボリュームのアクティブなクォータ ルールは、リストアの実行前に非アクティブ化されます。

volume quota modifyコマンドを使用すると、リストア処理の完了後にクォータ ルールを再アクティブ化できます。

手順

FlexGroupボリュームをリストアします。snapmirror restore -source-path src_svm:src_flexgroup -destination-path dest_svm:dest_flexgroup -snapshot snapshot_name

snapshot_name は、ソース ボリュームからデスティネーション ボリュームにリストアするSnapshotコピーです。Snapshotコピーを指定しない場合、デスティネーション ボリュームは最新のSnapshotコピーからリストアされます。

vserverA::> snapmirror restore -source-path vserverB:dstFG -destination-path vserverA:newFG -snapshot daily.2016-07-15_0010  
Warning: This is a disruptive operation and the volume vserverA:newFG will be read-only until the operation completes
Do you want to continue? {y|n}: y