qtreeへのエクスポート ポリシーの割り当て

ボリューム全体をエクスポートする代わりに、ボリュームの特定のqtreeをエクスポートしてクライアントから直接アクセスできるようにすることもできます。qtreeをエクスポートするには、qtreeにエクスポート ポリシーを割り当てます。エクスポート ポリシーの割り当ては、新しいqtreeの作成時に行うことも、既存のqtreeの変更によって行うこともできます。

開始する前に

エクスポート ポリシーが存在している必要があります。

タスク概要

qtreeでは、作成時に指定しなかった場合、格納先ボリュームの親のエクスポート ポリシーがデフォルトで継承されます。

エクスポート ポリシーは、qtreeの作成時、またはqtreeの作成後にいつでも、qtreeに関連付けることができます。1つのqtreeに関連付けることができるのは1つのエクスポート ポリシーだけですが、1つのポリシーを多数のqtreeと関連付けることができます。

手順

  1. qtreeの作成時にエクスポート ポリシーを指定しなかった場合は、qtreeにエクスポート ポリシーを割り当てます。 volume qtree modify -vserver vserver_name -qtree-path /vol/volume_name/qtree_name -export-policy export_policy_name
  2. ポリシーがqtreeに割り当てられたことを確認します。 volume qtree show -qtree qtree_name -fields export-policy

次のコマンドは、エクスポート ポリシーnfs_policyをvs1というSVM上のqtree qt1に割り当てて、割り当てを確認します。

cluster::> volume modify -v1server vs1 -qtree-path /vol/vol1/qt1 -policy nfs_policy

cluster::>volume qtree show -volume vol1 -fields export-policy 
vserver volume qtree export-policy
------- ------ ----- -------------
vs1     data1  qt01  nfs_policy