ボリュームへのエクスポート ポリシーの割り当て

SVMに含まれている各ボリュームは、クライアントがボリューム内のデータにアクセスするためのエクスポート ルールを含むエクスポート ポリシーに関連付けられている必要があります。

タスク概要

エクスポート ポリシーは、ボリュームの作成時、またはボリュームの作成後にいつでも、ボリュームに関連付けることができます。1つのボリュームに関連付けることができるのは1つのエクスポート ポリシーだけですが、1つのポリシーを多数のボリュームに関連付けることができます。

手順

  1. ボリュームの作成時にエクスポート ポリシーを指定しなかった場合は、ボリュームにエクスポート ポリシーを割り当てます。 volume modify -vserver vserver_name -volume volume_name -policy export_policy_name
  2. ポリシーがボリュームに割り当てられたことを確認します。 volume show -volume volume_name -fields policy

次のコマンドは、エクスポート ポリシーnfs_policyをvs1というSVM上のボリュームvol1に割り当てて、割り当てを確認します。

cluster::> volume modify -v1server vs1 -volume vol1 -policy nfs_policy

cluster::>volume show -volume vol -fields policy 
vserver volume       policy
------- ------------ ----------------
vs1     vol1         nfs_policy