暗号化されたボリュームの移動

volume move startコマンドを使用して、暗号化されたボリュームを移動できます。ボリュームを移動するアグリゲートは同じアグリゲートでも別のアグリゲートでもかまいません。

開始する前に

このタスクを実行するには、クラスタ管理者であるか、クラスタ管理者から権限を委譲されたSVM管理者である必要があります。

volume moveコマンドの実行権限の委譲

タスク概要

デスティネーション ノードまたはデスティネーション ボリュームでボリューム暗号化がサポートされていない場合、移動は失敗します。

volume move start-encrypt-destinationオプションは、暗号化されたボリュームに対してはデフォルトでtrueになります。デスティネーション ボリュームを暗号化しない場合は明示的に指定する必要があるため、ボリュームのデータが誤って暗号化解除されることはありません。

手順

  1. 既存の暗号化されたボリュームを移動し、ボリュームのデータを暗号化されたままにします。volume move start -vserver SVM_name -volume volume_name -destination-aggregate aggregate_name
    完全なコマンド構文については、コマンドのマニュアル ページを参照してください。

    次のコマンドは、vol1という名前の既存のボリュームをデスティネーション アグリゲートaggr3に移動し、ボリュームのデータを暗号化されたままにします。

    cluster1::> volume move start -vserver vs1 -volume vol1 -destination-aggregate aggr3
  2. ボリュームで暗号化が有効になっていることを確認します。volume show -is-encrypted true
    完全なコマンド構文については、コマンドのマニュアル ページを参照してください。

    次のコマンドは、cluster1の暗号化されたボリュームを表示します。

    cluster1::> volume show -is-encrypted true
    
    Vserver  Volume  Aggregate  State  Type  Size  Available  Used
    -------  ------  ---------  -----  ----  -----  --------- ----
    vs1      vol1    aggr3     online    RW  200GB    160.0GB  20%