ストレージQoSのワークフロー

QoSで管理するワークロードのパフォーマンス要件があらかじめわかっている場合は、ポリシー グループを作成するときにスループットの制限を指定できます。それ以外の場合は、ワークロードを監視したうえで指定することができます。


この図は次の手順を示しています。1. ポリシー グループに割り当てるストレージ オブジェクトを特定する。2. 制御と監視を行う場合はスループット制限を指定してポリシー グループを作成し、監視のみの場合はスループット制限を指定せずにポリシー グループを作成する。3. ストレージ オブジェクトをポリシー グループに割り当てる。4. 統計を表示してパフォーマンスを監視する。5. 必要に応じてポリシーの設定を調整する。