デスティネーション ボリュームを書き込み可能にする

デスティネーション ボリュームからクライアントにデータを提供する前に、そのボリュームを書き込み可能にする必要があります。snapmirror quiesceコマンドを使用すると、デスティネーションに対するスケジュールされた転送を停止できます。snapmirror abortコマンドを使用すると、実行中の転送を停止できます。snapmirror breakコマンドを使用すると、デスティネーションを書き込み可能にすることができます。

タスク概要

Elementのソース パスを「hostip:/lun/name」の形式で指定する必要があります。lunは文字どおりlunnameにはElementボリュームの名前を指定します。

手順

  1. デスティネーションへのスケジュールされた転送を停止します。snapmirror quiesce -source-path hostip:/lun/name -destination-path SVM:volume|cluster://SVM/volume
    コマンド構文全体については、マニュアル ページを参照してください。
    次の例は、ソース ボリューム0005(IPアドレス10.0.0.11)とデスティネーション ボリュームvolA_dstsvm_backup上)の間のスケジュールされた転送を停止します。
    cluster_dst::> snapmirror quiesce -source-path 10.0.0.11:/lun/0005 -destination-path svm_backup:volA_dst
  2. デスティネーションへの実行中の転送を停止します。snapmirror abort -source-path hostip:/lun/name -destination-path SVM:volume|cluster://SVM/volume
    コマンド構文全体については、マニュアル ページを参照してください。
    次の例は、ソース ボリューム0005(IPアドレス10.0.0.11)とデスティネーション ボリュームvolA_dstsvm_backup上)の間の実行中の転送を停止します。
    cluster_dst::> snapmirror abort -source-path 10.0.0.11:/lun/0005 -destination-path svm_backup:volA_dst
  3. SnapMirror DR関係を解除します。snapmirror break -source-path hostip:/lun/name -destination-path SVM:volume|cluster://SVM/volume
    コマンド構文全体については、マニュアル ページを参照してください。
    次の例は、ソース ボリューム0005(IPアドレス10.0.0.11)とデスティネーション ボリュームvolA_dstsvm_backup上)の間の関係を解除します。
    cluster_dst::> snapmirror break -source-path 10.0.0.11:/lun/0005 -destination-path svm_backup:volA_dst