ElementとONTAP間のレプリケーションのワークフロー

データをレプリケートする場合は、その方向(ElementからONTAPまたはONTAPからElement)にかかわらず、ジョブ スケジュールを設定し、ポリシーを指定し、関係を作成して初期化する必要があります。デフォルト ポリシーまたはカスタム ポリシーを使用できます。

このワークフローは、前提条件に記載された作業が完了していることを前提としています。SnapMirrorポリシーに関する詳細な背景情報(使用するポリシーに関するガイダンスなど)については、ONTAPデータ保護パワーガイドを参照してください。