アレイLUNグループが想定よりも少ない理由

バックエンド構成を検証する際には、storage array config showの出力をチェックして、アレイLUNグループの数が想定どおりであるかどうかを確認する必要があります。

説明

LUNグループが想定より少ない代表的な原因は、ONTAPシステムの両方のFCイニシエータ ポート ペアでLDEVとLUNのマッピングが同じになっていることです。両方のFCイニシエータ ポート ペアでLDEVとLUNのマッピングが同じ場合、storage array config showの出力に表示されるLUNグループが想定より1つ少なくなります。

次に示すstorage array config showの出力では、両方のFCイニシエータ ポート ペアが同じターゲット ポート ペアにマッピングされているために、アレイLUNグループが1つしか示されていません。

mysystem1::> storage array config show

         LUN   LUN
Node     Group Count Array Name  Array Target Ports      Switch Port    Initiator
------   ----- ----- ---------- -------------------      -----------    ---------

mysystem1  0     2   DGC_RAID5_1  20:1A:00:a0:b8:0f:ee:04  vnbr200es25:5   0a
                                  20:2A:00:a0:b8:0f:ee:04  vnci9124s53:6   0c
                                  20:1A:00:a0:b8:0f:ee:04  vnbr200es25:5   0b
                                  20:2A:00:a0:b8:0f:ee:04  vnci9124s53:6   0d

[Array Target Ports]列を見ると、LUNグループ内に同じターゲット ポートが複数表示されており、それぞれ別のイニシエータにマッピングされていることがわかります。

問題の解決

両方のFCイニシエータ ポート ペアでLDEVとLUNのマッピングが同じであってもONTAPシステムは動作するため、ONTAPではこの状況はエラーとみなされません。ただし、複数のFCイニシエータを同じターゲット ポートに接続する構成はサポートされていません。ONTAPシステムをサポートされる構成とし、かつLUNグループを意図した数にするには、マッピングを修正する必要があります。

この問題を解決するには、次の手順を実行します。

  1. ストレージ アレイで、ONTAPシステムの両方のFCイニシエータ ポート ペアでマッピングが同じにならないようにマッピングを修正します。
  2. ONTAPシステムでstorage array config showを再度実行して、想定した数のLUNグループが表示されること、およびFCイニシエータ ポート ペアが同じターゲット ポートにアクセスしていないことを確認します。