パス内のコンポーネントの冗長セットアップの要件

ONTAPシステムは、冗長なFibre Channel(FC)ネットワークを介してストレージ アレイに接続する必要があります。接続障害への対策として、またONTAPシステムを停止することなくファブリックのポートやスイッチをオフラインにしてアップグレードや交換を実施できるようにするためには、FCネットワークが2つ必要です。

ONTAPシステムの冗長性要件

FCスイッチの冗長性要件

ストレージ アレイの冗長性要件

ある特定のLUNにアクセスするために選択するストレージ アレイ上のポートは、単一点障害を回避するために複数のコンポーネント、たとえば代替のコントローラ、クラスタ、エンクロージャのポートを選択する必要があります。これは、1つのコンポーネントに障害が発生した場合に、アレイLUNへのアクセスがすべて失われないようにするためです。

次の図は、冗長性を確保するようにストレージ アレイ ポートが正しく選択されている場合とそうでない場合を示しています。左の例ではパスが正しく設定されています。各接続がストレージ アレイの別々のコントローラ上のポートに接続されており、アレイLUNへのパスは冗長です。


アレイLUNへのパスは冗長でなければなりません。両方のパスが同じストレージ アレイ コントローラに接続されている設定は正しくありません。