ストレージ アレイ上でアレイLUNを再構成するための前提条件

アレイLUNがすでに(ONTAPで)特定のONTAPシステムに割り当てられている場合、ストレージ管理者がストレージ アレイでアレイLUNの再構成を行う前に、ONTAPによってアレイLUNに書き込まれた情報を削除しておく必要があります。

ストレージ アレイがONTAPにアレイLUNを提供すると、ONTAPでは、そのアレイLUNに関する情報(サイズなど)を収集し、その情報をアレイLUNに書き込みます。ONTAPでは、アレイLUNに書き込んだ情報を動的に更新できません。したがって、ストレージ アレイ管理者がアレイLUNを再構成する前に、ONTAPを使用してアレイLUNの状態を未使用に変更する必要があります。ONTAPからすると、このアレイLUNは未使用です。

アレイLUNの状態を未使用に変更すると、ONTAPによって次の処理が実行されます。

この処理が完了すると、ONTAPの情報がアレイLUNに残っていない状態になります。

アレイLUNの状態が未使用に変更されたら、次の処理を実行できます。

アレイLUNのサイズや構成を変更したあとにONTAPで再び使用できるようにするには、アレイLUNをONTAPに再度提供し、ONTAPシステムに再度割り当てる必要があります。ONTAPでアレイLUNの新しいサイズまたは構成が認識されます。