ターゲット キュー深度のカスタマイズ

ターゲット キュー深度は、ストレージ アレイ ターゲット ポートのキューに格納できる(未処理の)ONTAPコマンド数を定義します。ONTAPではデフォルト値が用意されています。デフォルトのターゲット キュー深度はほとんどの環境に適していますが、パフォーマンスに問題が生じた場合はこの値を変更して問題を解決できます。

デフォルトのターゲット キュー深度はONTAPのリリースによって異なります。

複数のイニシエータがターゲット ポートを共有するようにストレージ アレイが設定されている場合は、すべてのイニシエータからキュー バッファに格納される未処理のコマンド数がストレージ アレイで処理可能な量を超えないようにする必要があります。そうしないと、すべてのホストのパフォーマンスに影響が生じます。キュー バッファで処理可能なコマンド数は、ストレージ アレイによって異なります。

注: ターゲット キュー深度は、ターゲット キュー長Q深度、または最大スロットルとも呼ばれます。