クラスタ構成前のアレイLUN名の形式

ノードがクラスタに追加される前、またはシステムがメンテナンス モードのときのアレイLUN名は、Data ONTAP 8.3より前に使用されていた形式、つまりクラスタ構成前の形式に従っています。

アレイLUNにはパスに基づく名前が付けられ、ONTAPシステムとストレージ アレイの間にあるデバイス、使用されているポート、およびSCSI LUN IDで構成されます。SCSI LUN IDは、ホストへのマッピング用にストレージ アレイが外部に提供する、パス上のSCSI LUNのIDです。

アレイLUNをサポートするONTAPシステムでは、各LUNへのパスが複数存在することから、それぞれのアレイLUNに複数の名前が付けられる可能性があります。

ONTAPシステムのアレイLUN名の形式

構成 アレイLUN名の形式 各要素の説明
直接接続 node-name.adapter.idlun-id node-name は、クラスタ ノードの名前です。ONTAPでは、パスに基づく名前がクラスタ内で一意になるように、LUN名の先頭にノード名が付けられます。

adapter は、ONTAPシステムのアダプタ番号です。

id は、ストレージ アレイのチャネル アダプタ ポートです。

lun-id は、ストレージ アレイがホストに提供するアレイLUN番号です。

例:node1.0a.0L1

ファブリック接続 node-name:switch-name:port.idlun-id node-name は、ノードの名前です。ONTAPでは、パスに基づく名前がクラスタ内で一意になるように、LUN名の先頭にノード名が付けられます。

switch-name は、スイッチの名前です。

port は、ターゲット ポート(エンド ポイント)に接続されているスイッチ ポートです。

id は、デバイスIDです。

lun-id は、ストレージ アレイがホストに提供するアレイLUN番号です。

例:node1:brocade3:6.126L1