同じLDEVのLUN IDが一致していない

LDEVは、すべてのストレージ アレイ ポートで同じLUN IDにマッピングする必要があり、このIDを使用してONTAPシステムはLDEVを認識します。storage errors showの出力から、LUN IDが一致しないLDEVを特定できます。

LUN IDが一致していないと、ONTAPシステムにアレイLUNを割り当てることはできません。

storage errors showのメッセージ

HIT-1.4 (4849544143484920443630303035323430303132): This Array LUN is using multiple LUN IDs.  Only one LUN ID per serial number is supported.

説明

ストレージ アレイの構成中に、次のエラーのいずれかが発生しました。

問題のシナリオ

このシナリオでは、ほとんどのストレージ アレイに該当する、LUN IDが一致していないケースを取り上げます。Volume Set Addressingの設定ミスが原因で同じエラー メッセージが表示されるケースについては、「Volume Set Addressingに一貫性がない」セクションを参照してください。

Volume Set Addressingに一貫性がない

ストレージ アレイ管理者が新たにLDEV Zを作成するとします。LDEV ZのLUN IDには、LUN 3を設定することになっていますが、 ストレージ アレイ コントローラ ポート1AではLUN 3 として、ポート2AではLUN 4として設定しました。

この図には説明が付随しています。

この問題を解決するには、LDEVをマッピングするすべてのポートで同じLUN IDをLDEVに割り当てる必要があります。この例では、両方のポートでLDEVをLUN ID 3として提供する必要があります。

トラブルシューティングと問題解決

問題を解決するために、ストレージ アレイ管理者は正しいLUN IDを使用してLUNをマッピングし直す必要があります。ONTAPのコマンドを使用して、ストレージ管理者に提供する必要がある問題の詳細情報を入手できます。

  1. storage errors showの出力を確認して、LUN IDが一致しないアレイLUNを特定します。

    同じLDEVのLUN IDが一致していない場合は、問題のあるLDEVのシリアル番号が表示されます。次に例を示します。

    mysystem1a::> storage errors show
    Disk: HIT-1.4
    UID: 48495441:43484920:44363030:30353234:30303132:00000000:...
    ----------
    
    HITACHI_DF600F_1
    ----------
    HIT-1.4 (4849544143484920443630303035323430303132): This Array LUN is using multiple LUN IDs.  Only one LUN ID per serial number is supported.
    
    注: この例のUIDは、48495441:43484920:44363030:30353234:30303132:00000000:00000000:00000000:00000000:00000000です。スペースの都合上、例ではUIDが最後まで表示されていません。
  2. 次のコマンドを実行し、同じLDEVに使用されているLUN IDに関する詳細情報を入手します。storage disk show arrayLUNname

    この例でのstorage disk showの出力は次のとおりです。
    mysystem1a::> storage disk show -disk HIT-1.4
                      Disk: HIT-1.4
            Container Type: unassigned
                Owner/Home: -  / -
                   DR Home: -
                     Array: HITACHI_DF600F_1
                    Vendor: HITACHI
                     Model: DF600F
             Serial Number: D600020C000C
                       UID: 48495441:43484920:44363030:30353234:30303132:00000000:...
                       BPS: 512
             Physical Size: -
                  Position: present
    Checksum Compatibility: block
                 Aggregate: -
                      Plex: -
    Paths:
                         LUN  Initiator Side  Target Side
    Controller Initiator ID   Switch Port     Switch Port      Acc Use  Target Port     TPGN...
    ---------- --------- -------------------- ----------------- --- ---  --------------- ---- 
    mysystem1a   0c       4  vgci9148s76:1-2  vgci9148s76:1-9  AO  INU  50060e80004291c1  1    
    mysystem1a   0a       3  vgbr300s89:1     vgbr300s89:9     S   RDY  50060e80004291c0  2    
    mysystem1b   0c       4  vgci9148s76:1-4  vgci9148s76:1-9  AO  INU  50060e80004291c1  1    
    mysystem1b   0a       3  vgbr300s89:3     vgbr300s89:10    S   RDY  50060e80004291c2  2    
    
    Errors:
    HIT-1.4 (4849544143484920443630303035323430303132): This Array LUN is using multiple LUN IDs.  Only one LUN ID per serial number is supported.
    
    注: この例のUIDは、48495441:43484920:44363030:30353234:30303132:00000000:00000000:00000000:00000000:00000000です。スペースの都合上、例ではUIDが最後まで表示されていません。

    storage disk showの出力のPathsセクションのLUN IDを見ると、このLDEVにLUN ID 3と4が使用されていることがわかります。

  3. どちらのLUN IDが誤りかを判断します。

    この例ではLUN ID 4が間違いです。

  4. ONTAPで、storage path quiesceコマンドを使用してアレイLUNへの正しくないパスを休止します。

    次の例は、休止するパスとしてイニシエータ0c上のLUN ID 4を指定したstorage path quiesceコマンドを示しています。

    storage path quiesce -node mysystem1a -initiator 0c -target-wwpn 50060e80004291c1 -lun-number 4

    storage path quiesceコマンドは、特定のパス上にある特定のアレイLUNへのI/Oを一時的に中断します。一部のストレージ アレイでは、アレイLUNを削除または移動する間、I/Oを停止する必要があります。

    パスを休止すると、ONTAPはそのLUNを認識できなくなります。

  5. ストレージ アレイのアクティビティ タイマーが期限切れになるまで1分間待ちます。

    すべてのストレージ アレイでI/Oの一時停止が必要となるわけではありませんが、停止することを推奨します。

  6. ストレージ アレイ上で、正しいLUN ID(このシナリオではLUN ID 3)を使用してLUNをターゲット ポートに再マッピングします。

    ONTAPでの次回の検出プロセス時に、新しいアレイLUNが検出されます。検出は1分おきに実行されます。

  7. ONTAPの検出が完了したら、storage array config showを再度実行して、エラーが解消されたことを確認します。