ストレージ アレイへのONTAPシステムの接続

ストレージ アレイへのONTAPシステムの接続には、ONTAPシステム、スイッチ、およびストレージ アレイを相互に接続し、テープ バックアップ デバイスなどの追加のデバイスを接続する作業が含まれます。

開始する前に

  • ストレージ アレイへの接続に使用するONTAPシステムのオンボード ポートと拡張アダプタ ポートを特定しておく必要があります。
  • ONTAPシステムへの接続に使用するストレージ アレイ上のポートを特定しておく必要があります。

タスク概要

次の手順は、1つのターゲット ポートに専用のイニシエータを1つ接続し、2つのパスを使用してONTAPシステムをストレージ アレイに接続する方法を示しています。

手順

  1. 次の表に示す手順に従って、ONTAPシステムをスイッチに接続します。
    対象 手順
    スタンドアロン システム
    1. ONTAPシステムの1つのFCイニシエータ ポートとスイッチ1のポートをケーブルで接続します。
    2. 冗長FCイニシエータ ポートとスイッチ2のポートを別のケーブルで接続します。
    HAペア
    1. HAペアの最初のノードで、1つのFCイニシエータ ポートとスイッチ1のポートをケーブルで接続します。
    2. 同じノードの冗長FCイニシエータ ポートとスイッチ2のポートを別のケーブルで接続します。
    3. HAペアの2番目のノードで、1つのFCイニシエータ ポートとスイッチ1のポートをケーブルで接続します。
    4. 同じノードの冗長FCイニシエータ ポートとスイッチ2のポートを別のケーブルで接続します。
  2. 次の表に示す手順を使用して、スイッチをストレージ アレイに接続します。HAペアの場合は、表の下の図を参照してください。
    スタンドアロン システムの場合 HAペアの場合
    1. スイッチ1をストレージ アレイ コントローラ1のポート1Aに接続します。
    2. スイッチ2をストレージ アレイ コントローラ2のポート2Aに接続します。

    1. スイッチ1をストレージ アレイ コントローラ1のポート1Aに接続します。
    2. スイッチ2をストレージ アレイ コントローラ2のポート2Aに接続します。
    3. スイッチ1をストレージ アレイ コントローラ1のポート1Bに接続します。
    4. スイッチ2をストレージ アレイ コントローラ2のポート2Bに接続します。
    次の図は、HAペアの場合の接続を示しています。
    vs1の0aとvs2の0aがストレージ アレイ コントローラ1のポート1Aと1Bに接続されます。vs1の0cとvs2の0cがストレージ アレイ コントローラ2のポート2Aと2Bに接続されます。
  3. オプション: 別のFCイニシエータ ポートまたはSCSIテープ アダプタを使用して、ONTAPシステムをテープ バックアップ デバイスに接続します。
  4. ストレージ アレイが正しく設定および接続され、電源がオンになっていることを確認します。
    ONTAPシステムの電源をオンにする前に、設定および接続済みのストレージ アレイの電源をオンにしておく必要があります。ストレージ アレイの電源をオンにする方法については、ストレージ アレイのドキュメントを参照してください。
  5. 導入環境に複数のスイッチがある場合は、すべてのスイッチのIDが設定されていることを確認してから、10分ずつ間隔を開けてそれぞれのスイッチをオンにします。
  6. オプション: 該当する場合は、テープ バックアップ デバイスをオンにします。
  7. ONTAPシステムの電源をオンにして、ネットワークの初期セットアップと設定を行います。
  8. ONTAPシステムをストレージ アレイに接続したあとにストレージ アレイでONTAPシステムのWWNが自動検出されない場合は、WWNを手動で取得する必要があります。

終了後の操作

続いて、ストレージ アレイとの連携に必要なONTAP管理機能の設定を行う必要があります。