アレイLUNのチェックサム方式の変更

チェックサム方式が異なるアグリゲートにアレイLUNを追加する場合は、アレイLUNのチェックサム方式を変更する必要があります。

開始する前に

特定のワークロードでのパフォーマンスと、各チェックサム方式のストレージ容量利用率との間のトレードオフを確認しておく必要があります。

チェックサムの使用についてさらに詳しい情報が必要な場合は、セールス エンジニアまでお問い合わせください。

タスク概要

手順

  1. 次のコマンドを入力して、チェックサム方式を変更します。storage disk assign -disk disk name -owner owner -c new_checksum_type
    disk name は、チェックサム方式を変更するアレイLUNです。

    owner は、アレイLUNの割り当て先のノードです。

    new_checksum_type には、blockまたはzonedを指定できます。

    storage disk assign -disk EMC-1.1 -owner system147b -c block
    アレイLUNのチェックサム方式が、指定した新しいチェックサム方式に変更されます。
  2. 次のコマンドを入力して、ノードシェルにアクセスします。system node run -node node_name
    node_name は、このシステムの名前です。
  3. 次のコマンドを入力して、ノードシェルを終了します。exit