コントローラの取り付け

古いコントローラ モジュールのコンポーネントを新しいコントローラ モジュールに取り付けたら、新しいコントローラ モジュールをシステム シャーシに取り付けてオペレーティング システムをブートする必要があります。

タスク概要

2台のコントローラ モジュールを同じシャーシに搭載するHAペアでは、シャーシへの取り付けが完了すると同時にリブートが試行されるため、コントローラ モジュールの取り付け順序が特に重要です。
注: システムのブート時にシステム ファームウェアが更新されることがあります。このプロセスは中止しないでください。この手順ではユーザがブート プロセスを中断する必要があります。通常はプロンプトが表示されたあとにいつでも中断できます。ただし、システムがブート時にシステム ファームウェアの更新を開始した場合は、更新が完了してからブート プロセスを中断する必要があります。

手順

  1. 接地対策がまだの場合は、自身で適切に実施します。
  2. コントローラ モジュールのカバーを元に戻します(まだ戻していない場合)。
  3. コントローラ モジュールの端をシャーシの開口部に合わせ、コントローラ モジュールをシステムに半分までそっと押し込みます。
    注: 指示があるまでコントローラ モジュールをシャーシに完全に挿入しないでください。
  4. システムにアクセスして以降のセクションのタスクを実行できるように、管理ポートとコンソール ポートのみをケーブル接続します。
    注: 残りのケーブルは、この手順の後半でコントローラ モジュールに接続します。
  5. コントローラ モジュールの再取り付けを完了します。
    システムの構成 実行する手順
    HAペア

    コントローラ モジュールは、シャーシに完全に装着されるとすぐにブートを開始します。いつでもブート プロセスを中断できるようにしておいてください。

    1. カム ハンドルを開き、コントローラ モジュールをミッドプレーンまでしっかりと押し込んで完全に装着し、カム ハンドルをロック位置まで閉じます。
      注意: コントローラ モジュールをシャーシに挿入する際に力を入れすぎないように注意してください。コネクタが破損することがあります。

      コントローラは、シャーシに装着されるとすぐにブートを開始します。

    2. ケーブル マネジメント デバイスを再び取り付けます(まだ取り付けていない場合)。
    3. ケーブル マネジメント デバイスに接続されているケーブルをフックとループ ストラップでまとめます。
    4. 正しいタイミングであることを確認してから、ブート プロセスを中断します。

      Automatic firmware update」コンソール メッセージが表示されていないか確認する必要があります。更新メッセージが表示された場合は、更新の完了を通知するメッセージが表示されるまでCtrl-C(ブート プロセスを中断するキー)を押さないでください。

      Press Ctrl-C for Boot Menu」というメッセージが表示されたら、Ctrl-Cを押します。

      注: ファームウェアの更新を中止すると、ブート プロセスが終了してLOADERプロンプトに戻ります。update_flashコマンドを実行し、「Starting AUTOBOOT press Ctrl-C to abort」というメッセージが表示されたら、Ctrl-Cを押してLOADERの終了とメンテナンス モードでのブートを行う必要があります。

      プロンプトを見逃してコントローラ モジュールでONTAPがブートした場合は、haltを実行します。次にLOADERプロンプトでboot_ontapを実行し、表示された指示に従ってCtrl-Cを押し、メンテナンス モードでブートします。

    5. 表示されたメニューから、メンテナンス モードでブートするオプションを選択します。
    スタンドアロン構成
    1. カム ハンドルを開き、コントローラ モジュールをミッドプレーンまでしっかりと押し込んで完全に装着し、カム ハンドルをロック位置まで閉じます。
      注意: コネクタの破損を防ぐため、コントローラ モジュールをスライドさせてシャーシに挿入する際に力を入れすぎないでください。
    2. ケーブル マネジメント デバイスを再び取り付けます(まだ取り付けていない場合)。
    3. ケーブル マネジメント デバイスに接続されているケーブルをフックとループ ストラップでまとめます。
    4. 電源装置と電源に電源ケーブルを再接続し、電源を入れてブート プロセスを開始します。
    5. 正しいタイミングであることを確認してから、ブート プロセスを中断します。

      Automatic firmware update」コンソール メッセージが表示されていないか確認する必要があります。更新メッセージが表示された場合は、更新の完了を通知するメッセージが表示されるまでCtrl-C(ブート プロセスを中断するキー)を押さないでください。

      Press Ctrl-C for Boot Menu」というメッセージが表示されたら、Ctrl-Cを押します。

      注: ファームウェアの更新を中止すると、ブート プロセスが終了してLOADERプロンプトに戻ります。update_flashコマンドを実行し、「Starting AUTOBOOT press Ctrl-C to abort」というメッセージが表示されたら、Ctrl-Cを押してLOADERの終了とメンテナンス モードでのブートを行う必要があります。

      プロンプトを見逃してコントローラ モジュールでONTAPがブートした場合は、haltを実行します。次にLOADERプロンプトでboot_ontapを実行し、表示された指示に従ってCtrl-Cを押し、メンテナンス モードでブートします。

    6. ブート メニューでメンテナンス モードのオプションを選択します。
    重要: ブート プロセス中に、次のプロンプトが表示される場合があります。
    • システムIDが一致していないためにシステムIDの上書きを求める警告プロンプト。
    • HA構成でメンテナンス モードに切り替えたときに表示される、正常なノードが停止したままであることを確認するように求めるプロンプト。

    これらのプロンプトには「y」と入力できます。