2ノードMetroCluster構成でのアグリゲートのスイッチバック

2ノードMetroCluster構成でFRUの交換が完了したら、MetroCluster処理を実行できます。これにより構成が通常の動作状態に戻ります。また、障害が発生していたサイトの同期元Storage Virtual Machine(SVM)がアクティブになり、ローカル ディスク プールからデータを提供します。

タスク概要

手順

  1. すべてのノードの状態がenabledであることを確認します。metrocluster node show
    cluster_B::>  metrocluster node show
    
    DR                           Configuration  DR
    Group Cluster Node           State          Mirroring Mode
    ----- ------- -------------- -------------- --------- --------------------
    1     cluster_A
                  controller_A_1 configured     enabled   heal roots completed
          cluster_B
                  controller_B_1 configured     enabled   waiting for switchback recovery
    2 entries were displayed.
    
  2. すべてのSVMで再同期が完了したことを確認します。metrocluster vserver show
  3. 修復処理によって実行されるLIFの自動移行が完了したことを確認します。metrocluster check lif show
  4. サバイバー クラスタ内の任意のノードからmetrocluster switchbackコマンドを使用して、スイッチバックを実行します。
  5. スイッチバック処理が完了したことを確認します。metrocluster show
    クラスタの状態がwaiting-for-switchbackの場合は、スイッチバック処理がまだ実行中です。
    cluster_B::> metrocluster show
    Cluster              Configuration State    Mode
    --------------------	------------------- 	---------
     Local: cluster_B configured       	switchover
    Remote: cluster_A configured       	waiting-for-switchback
    

    クラスタの状態がnormalになると、スイッチバック処理は完了しています。

    cluster_B::> metrocluster show
    Cluster              Configuration State    Mode
    --------------------	------------------- 	---------
     Local: cluster_B configured      		normal
    Remote: cluster_A configured      		normal
    
    
    スイッチバックの完了に時間がかかる場合は、metrocluster config-replication resync-status showコマンドを使用して、進行中のベースラインのステータスを確認できます。
  6. SnapMirror構成またはSnapVault構成があれば、再確立します。