外付けドライブ シェルフがあるHAペアでのストレージのケーブル接続

シェルフ間をケーブル接続し、そのあとに両方のコントローラをドライブ シェルフにケーブル接続する必要があります。

タスク概要

図の矢印を見て、ケーブル コネクタのプルタブの正しい向きを確認してください。

手順

  1. 外付けドライブ シェルフがあるHAペアをケーブル接続します。
    注: この例ではDS224Cを使用しています。サポートされている他のドライブ シェルフでもケーブル配線はほぼ同じです。
    手順 各コントローラでの作業

    シェルフ間でポートをケーブル接続します。

    • IOM Aのポート3と直下のシェルフにあるIOM Aのポート1
    • IOM Bのポート3と直下のシェルフにあるIOM Bのポート1

    mini-SAS HD間ケーブル

    各ノードをスタック内のIOM Aに接続します。

    • コントローラ1のポート0bとスタックの最後のドライブ シェルフにあるIOM Aのポート3
    • コントローラ2のポート0aとスタックの最初のドライブ シェルフにあるIOM Aのポート1

    mini-SAS HD間ケーブル

    各ノードをスタック内のIOM Bに接続します

    • コントローラ1のポート0aとスタックの最初のドライブ シェルフにあるIOM Bのポート1
    • コントローラ2のポート0bとスタックの最後のドライブ シェルフにあるIOM Bのポート3

    mini-SAS HD間ケーブル

    ドライブ シェルフ スタックが複数ある場合は、使用するドライブ シェルフ タイプに対応した設置およびケーブル配線ガイドを参照してください。

    取り付けとケーブル接続

  2. システムのセットアップを実行するには、システムのセットアップと設定の実行を参照してください。