コントローラ モジュールの再取り付け

コントローラ モジュールのコンポーネントを交換したら、モジュールをシャーシに再度取り付けます。

手順

  1. 接地対策がまだの場合は、自身で適切に実施します。
  2. コントローラ モジュールのカバーを元に戻します(まだ戻していない場合)。
  3. コントローラ モジュールの端をシャーシの開口部に合わせ、コントローラ モジュールをシステムに半分までそっと押し込みます。
    注: 指示があるまでコントローラ モジュールをシャーシに完全に挿入しないでください。
  4. 必要に応じてシステムにケーブルを再接続します。
    光ファイバ ケーブルを使用する場合は、メディア コンバータ(QSFPまたはSFP)を取り付け直してください(取り外した場合)。
  5. コントローラ モジュールの再取り付けを完了します。
    システムの構成 実行する手順
    HAペア

    コントローラ モジュールは、シャーシに完全に装着されるとすぐにブートを開始します。いつでもブート プロセスを中断できるようにしておいてください。

    1. カム ハンドルを開き、コントローラ モジュールをミッドプレーンまでしっかりと押し込んで完全に装着し、カム ハンドルをロック位置まで閉じます。
      注意: コネクタの破損を防ぐため、コントローラ モジュールをスライドさせてシャーシに挿入する際に力を入れすぎないでください。

      コントローラは、シャーシに装着されるとすぐにブートを開始します。

    2. ケーブル マネジメント デバイスを再び取り付けます(まだ取り付けていない場合)。
    3. ケーブル マネジメント デバイスに接続されているケーブルをフックとループ ストラップでまとめます。
    4. Press Ctrl-C for Boot Menu」というメッセージが表示されたら、Ctrl-Cを押してブート プロセスを中断します。
      注: プロンプトを見逃してコントローラ モジュールでONTAPがブートした場合は、haltを実行します。次にLOADERプロンプトでboot_ontapを実行し、表示された指示に従ってCtrl-Cを押し、メンテナンス モードでブートします。
    5. 表示されたメニューから、メンテナンス モードでブートするオプションを選択します。
    スタンドアロン構成
    1. カム ハンドルを開き、コントローラ モジュールをミッドプレーンまでしっかりと押し込んで完全に装着し、カム ハンドルをロック位置まで閉じます。
      注意: コネクタの破損を防ぐため、コントローラ モジュールをスライドさせてシャーシに挿入する際に力を入れすぎないでください。
    2. ケーブル マネジメント デバイスを再び取り付けます(まだ取り付けていない場合)。
    3. ケーブル マネジメント デバイスに接続されているケーブルをフックとループ ストラップでまとめます。
    4. 電源装置と電源に電源ケーブルを再接続し、電源を入れてブート プロセスを開始し、「Press Ctrl-C for Boot Menu」というメッセージが表示されたらCtrl-Cを押します。
      注: プロンプトを見逃してコントローラ モジュールでONTAPがブートした場合は、haltを実行します。次にLOADERプロンプトでboot_ontapを実行し、表示された指示に従ってCtrl-Cを押し、メンテナンス モードでブートします。
    5. ブート メニューでメンテナンス モードのオプションを選択します。