HAシステムでのシステムIDの変更の確認

交換用ノードのブート時にシステムIDの変更を確定し、変更が実装されたことを確認する必要があります。

タスク概要

この手順は、ONTAPを実行している、HAペアのシステムにのみ適用されます。

手順

  1. 交換用ノードがメンテナンス モード(「*>」プロンプトが表示されている)の場合は、メンテナンス モードを終了して、LOADERプロンプトを表示します。halt
  2. 交換用ノードのLOADERプロンプトからノードをブートし、システムIDが一致しないためにシステムIDを上書きするかどうかを尋ねられた場合は、「y」と入力します。
  3. 交換用ノードのコンソールに「Waiting for giveback...」というメッセージが表示されるまで待ち、正常なノードから新しいパートナー システムIDが自動的に割り当てられたことを確認します。storage failover show
    コマンド出力には、障害ノードでシステムIDが変更されたことを示すメッセージが表示され、適切な古いIDと新しいIDが示されます。次の例では、node2の交換が実施され、新しいシステムIDとして151759706が設定されています。
    node1> storage failover show
                                        Takeover          
    Node              Partner           Possible     State Description 
    ------------      ------------      --------     -------------------------------------
    node1             node2             false        System ID changed on partner (Old:
                                                      151759755, New: 151759706), In takeover    
    node2             node1             -            Waiting for giveback (HA mailboxes)
  4. healthy nodeから、コアダンプがすべて保存されたことを確認します。
    1. advanced権限レベルに切り替えます。set -privilege advanced
      advancedモードで続行することを確認するプロンプトが表示されたら、「Y」と入力します。advancedモードのプロンプトが表示されます(*>)。
    2. コアダンプを保存します。system node run -node local-node-name partner savecore
    3. savecoreコマンドの完了を待機してからギブバックを行います。
      次のコマンドを入力すると、savecoreコマンドの進行状況を監視できます。system node run -node local-node-name partner savecore -s
    4. admin権限レベルに戻ります。set -privilege admin
  5. ノードをギブバックします。
    1. 正常なノードから、交換したノードのストレージをギブバックします。storage failover giveback -ofnode replacement_node_name
      交換用ノードはストレージをテイクバックしてブートを完了します。

      システムIDが一致しないためにシステムIDを上書きするかどうかを尋ねられた場合は、「y」と入力する必要があります。

      注: ギブバックが禁止されている場合、禁止を無効にすることを検討してください。

      使用しているバージョンのONTAP 9に対する『ハイアベイラビリティ構成ガイド』を検索してください

    2. ギブバックが完了したら、HAペアが正常でテイクオーバーが可能であることを確認します。storage failover show
      storage failover showコマンドの出力に「System ID changed on partner」というメッセージは表示されません。
  6. ディスクが正しく割り当てられたことを確認します。storage disk show -ownership
    交換用ノードに属するディスクには、新しいシステムIDが表示されます。次の例では、node1が所有するディスクに、新しいシステムID 1873775277が表示されています。
    node1> storage disk show -ownership 
    
    Disk  Aggregate Home  Owner  DR Home  Home ID    Owner ID  DR Home ID Reserver  Pool
    ----- ------    ----- ------ -------- -------    -------    -------  ---------  ---
    1.0.0  aggr0_1  node1 node1  -        1873775277 1873775277  -       1873775277 Pool0
    1.0.1  aggr0_1  node1 node1           1873775277 1873775277  -       1873775277 Pool0
    .
    .
    .
  7. MetroCluster構成のシステムの場合は、ノードのステータスを監視します。metrocluster node show

    MetroCluster構成では、交換後に通常の状態に戻るまで数分かかります。この時点で各ノードの状態が設定済みになります。DRミラーリングは有効で、通常モードになります。metrocluster node show -fields node-systemidコマンドの出力には、MetroCluster構成が通常の状態に戻るまで、古いシステムIDが表示されます。

  8. MetroCluster構成のノードの場合は、MetroClusterの状態に応じて、DRホームIDフィールドにディスクの元の所有者が表示されていることを確認します(元の所有者がディザスタ サイトのノードである場合)。
    これは、次の両方に該当する場合に必要です。
  9. MetroCluster構成のシステムの場合は、各ノードが設定済みであることを確認します。metrocluster node show - fields configuration-state
    node1_siteA::> metrocluster node show -fields configuration-state
    
    dr-group-id            cluster node           configuration-state
    -----------            ---------------------- -------------- -------------------
    1 node1_siteA          node1mcc-001           configured
    1 node1_siteA          node1mcc-002           configured
    1 node1_siteB          node1mcc-003           configured
    1 node1_siteB          node1mcc-004           configured
    
    4 entries were displayed.
  10. 想定されるボリュームが各ノードに存在することを確認します。vol show -node node-name
  11. リブート時の自動テイクオーバーを無効にした場合は、正常なノードから有効にします。storage failover modify -node replacement-node-name -onreboot true