DIMMの移動

DIMMの場所を確認し、障害のあるコントローラ モジュールから交換用コントローラ モジュールにDIMMを移動する必要があります。

開始する前に

障害のあるコントローラ モジュールから交換用コントローラ モジュールの対応するスロットにDIMMを直接移動できるように、新しいコントローラ モジュールを準備しておく必要があります。

タスク概要

次に示すアニメーションや手順説明に従って、障害のあるコントローラ モジュールから交換用コントローラ モジュールにDIMMを移動します。

手順

  1. コントローラ モジュールでDIMMの場所を確認します。
  2. DIMMを交換用コントローラ モジュールに正しい向きで挿入できるように、ソケット内のDIMMの向きをメモします。
  3. NVDIMMバッテリが新しいコントローラ モジュールに接続されていないことを確認します。
  4. 障害のあるコントローラ モジュールから交換用コントローラ モジュールにDIMMを移動します。
    重要: 障害のあるコントローラ モジュールで使用していたスロットと同じスロットに各DIMMを取り付けてください。
    1. DIMMの両側にあるツメをゆっくり押し開いてDIMMをスロットから外し、そのままスライドさせてスロットから取り出します。
      注意: DIMM回路基板のコンポーネントに力が加わらないように、DIMMの両端を慎重に持ちます。
    2. 交換用コントローラ モジュールで対応するDIMMスロットの場所を確認します。
    3. DIMMソケットのツメが開いた状態になっていることを確認し、DIMMをソケットに対して垂直に挿入します。
      DIMMのソケットへの挿入にはある程度の力が必要です。簡単に挿入できない場合は、DIMMをソケットに正しく合わせてから再度挿入してください。
    4. DIMMがソケットにまっすぐ差し込まれていることを目で確認してください。
    5. 残りのDIMMについても、上記の手順を繰り返します。
  5. NVDIMMバッテリをマザーボードに接続します。
    プラグがコントローラ モジュールに固定されていることを確認します。