システムDIMMの交換

システムDIMMを交換するには、関連するエラー メッセージで対象のDIMMを特定し、エア ダクトのFRUマップまたはマザーボードの点灯しているLEDから対象のDIMMの場所を確認し、DIMMを交換します。

タスク概要

次に示すアニメーションや手順説明に従って、システムDIMMを交換します。

注: このアニメーションでは、DIMMのないソケットには空きスロットが示されています。これらの空のソケットには、何も挿入されていません。

システム内のDIMMの数と位置は、システムのモデルによって異なります。詳細については、エア ダクトのFRUマップを参照してください。
  • FAS8300システムを使用している場合、システムDIMMはソケット2、4、13、15にあります。
  • FAS8700システムを使用している場合、システムDIMMはスロット2、4、7、9、13、15、18、20にあります。
  • NVDIMMはスロット11にあります。

手順

  1. エア ダクトを開きます。
    1. エア ダクトの側面にある固定ツメをコントローラ モジュールの中央に向かって押します。
    2. エア ダクトをコントローラ モジュールの背面方向にスライドさせ、完全に開いた状態になるまで上方向に回転させます。
  2. コントローラ モジュールでDIMMの場所を確認します。
  3. 交換用DIMMを正しい向きで挿入できるように、ソケット内のDIMMの向きをメモします。
  4. DIMMの両側にある2つのツメをゆっくり押し開いてDIMMをソケットから外し、そのままスライドさせてソケットから取り出します。
    注意: DIMM回路基板のコンポーネントに力が加わらないように、DIMMの両端を慎重に持ちます。
  5. 交換用DIMMを静電気防止用の梱包バッグから取り出し、DIMMの端を持ってスロットに合わせます。
    DIMMのピンの間にある切り欠きを、ソケットの突起と揃える必要があります。
  6. コネクタにあるDIMMのツメが開いた状態になっていることを確認し、DIMMをスロットに対して垂直に挿入します。
    DIMMのスロットへの挿入にはある程度の力が必要です。簡単に挿入できない場合は、DIMMをスロットに正しく合わせてから再度挿入してください。
    注意: DIMMがスロットにまっすぐ差し込まれていることを目で確認してください。
  7. DIMMの両端のノッチにツメがかかるまで、DIMMの上部を慎重にしっかり押し込みます。
  8. エア ダクトを閉じます。