コントローラ モジュールの取り付け

コントローラ モジュールのコンポーネントを交換したら、コントローラ モジュールをシャーシに再設置してから、保守モードで起動する必要があります。

タスク概要

次のアニメーションまたは記載された手順を使用して、コントローラ モジュールをシャーシに設置できます。

手順

  1. エア ダクトを閉じます(まだ閉じていない場合)。
  2. コントローラ モジュールの端をシャーシの開口部に合わせ、コントローラ モジュールをシステムに半分までそっと押し込みます。
    注: 指示があるまで、コントローラ モジュールをシャーシに完全には挿入しないでください。
  3. 管理ポートとコンソール ポートのみをケーブル接続すると、次の項のタスクをシステムで実行できるようになります。
    注: 残りのケーブルは、この手順の後半でコントローラ モジュールに接続します。
  4. コントローラ モジュールの取り付けを完了します。
    1. 電源コードを電源装置に差し込み、電源ケーブル ロック カラーを取り付けてから、電源装置を電源に接続します。
    2. ロック ラッチを使用して、コントローラ モジュールをシャーシに挿入し、ミッドプレーンまでしっかりと押し込んで完全に装着します。
      コントローラ モジュールが完全に装着されると、ロック ラッチが上昇します。
      注: コネクタの破損を防ぐため、コントローラ モジュールをシャーシに挿入するときは力を入れすぎないように注意してください。

      コントローラ モジュールは、シャーシに完全に装着されるとすぐにブートを開始します。ブート プロセスを中断する準備をします。

    3. コントローラ モジュールをシャーシに完全に挿入するために、ロック ラッチを上に回転させ、ロック ピンが外れるように傾けてコントローラをそっと奥まで押し込んだら、ロック ラッチをロックされるまで下げます。
    4. ケーブル マネジメント デバイスを再び取り付けます(まだ取り付けていない場合)。
    5. Ctrl-Cを押して、通常のブート プロセスを中断してLOADERでブートします。
      注: システムがブート メニューで停止した場合は、LOADERで起動するオプションを選択します。
    6. LOADERプロンプトで「bye」と入力して、PCIeカードおよびその他のコンポーネントを再初期化し、ノードをリブートさせます。
  5. ストレージをギブバックして、ノードを通常動作に戻します。storage failover giveback -ofnode impaired_node_name
  6. 自動ギブバックが無効になっていた場合は、再度有効にします。storage failover modify -node local -auto-giveback true