RTCバッテリの交換

コントローラ モジュール内でRTCバッテリの場所を確認し、特定の手順を実行する必要があります。RTCバッテリの場所については、コントローラ モジュール内のFRUマップを参照してください。

タスク概要

次に示すアニメーションや手順説明に従って、RTCバッテリを交換します。

手順

  1. 接地対策がまだの場合は、自身で適切に実施します。
  2. エア ダクトを開きます。
    1. エア ダクトの側面にある固定ツメをコントローラ モジュールの中央に向かって押します。
    2. エア ダクトをコントローラ モジュールの背面方向にスライドさせ、完全に開いた状態になるまで上方向に回転させます。
  3. RTCバッテリの場所を確認して取り出し、交換します。
    1. FRUマップを使用して、コントローラ モジュール上のRTCバッテリの場所を確認します。
    2. バッテリをそっと押してホルダーから離し、持ち上げてホルダーから取り出します。
      注: ホルダーから取り外す際に、バッテリの極の向きを確認しておいてください。バッテリに記載されているプラス記号に従って、バッテリをホルダーに正しく配置する必要があります。正しいバッテリの向きを示すため、ホルダーの近くにプラス記号が表示されています。
    3. 交換用バッテリを静電気防止用の梱包バッグから取り出します。
    4. RTCバッテリの極の向きを確認し、バッテリを斜めに傾けた状態で押し下げてホルダーに挿入します。
  4. バッテリがホルダーに完全に取り付けられ、かつ極の向きが正しいことを目で見て確認します。
  5. エア ダクトを閉じます。