ブート メディアへのブート イメージの転送

取り付けた交換用ブート メディアにはブート イメージが含まれていないため、USBフラッシュ ドライブを使用してブート イメージを転送する必要があります。

開始する前に

  • 障害のあるコントローラが実行していたバージョンのONTAPイメージのコピー。

    ネットアップ サポート サイト[ダウンロード] セクションから該当するイメージをダウンロードできます。

手順

  1. ネットアップ サポート サイトからUSBフラッシュ ドライブに該当するサービス イメージをダウンロードおよびコピーします。
    1. ラップトップのワークスペースにサービス イメージをダウンロードします。
    2. サービス イメージを解凍します。
      注: Windowsを使用して内容を展開する場合は、WinZipを使用してネットブート イメージを展開しないでください。別の展開ツール(7-ZipやWinRARなど)を使用してください。
      解凍されたサービス イメージ ファイルには、次の2つのフォルダがあります。
      • boot
      • efi
    3. efiフォルダをUSBフラッシュ ドライブの最上位ディレクトリにコピーします。
      USBフラッシュ ドライブには、efiフォルダおよび障害のあるコントローラで実行されていたバージョンのONTAPイメージが必要です。
    4. USBフラッシュ ドライブをラップトップから取り外します。
  2. エア ダクトを閉じます(まだ閉じていない場合)。
  3. コントローラ モジュールの端をシャーシの開口部に合わせ、コントローラ モジュールをシステムに半分までそっと押し込みます。
  4. ケーブル マネジメント デバイスを再び取り付け、必要に応じてシステムにケーブルを再接続します。
    ケーブルを再接続する際は、メディア コンバータ(SFPまたはQSFP)も取り付け直してください(メディア コンバータを取り外した場合)。
  5. 電源装置に電源ケーブルを接続し、電源ケーブルの固定クリップを再度取り付けます。
  6. USBフラッシュ ドライブをコントローラ モジュールのUSBスロットに挿入します。
    USBフラッシュ ドライブは、USBコンソール ポートではなく、USBデバイス用のラベルが付いたスロットに取り付けてください。
  7. コントローラ モジュールの取り付けを完了します。
    1. 電源コードを電源装置に差し込み、電源ケーブル ロック カラーを取り付けてから、電源装置を電源に接続します。
    2. コントローラ モジュールをシャーシにしっかりと押し込み、ミッドプレーンに完全に取り付けます。
      コントローラ モジュールが完全に装着されると、ロック ラッチが上昇します。
      注: コネクタの破損を防ぐため、コントローラ モジュールをシャーシに挿入するときは力を入れすぎないように注意してください。

      コントローラ モジュールは、シャーシに完全に装着されるとすぐにブートを開始します。ブート プロセスを中断する準備をします。

    3. ロック ラッチを上方向に回して、ロック ピンが外れるように傾けてからロック位置に下ろします。
    4. ケーブル マネジメント デバイスを再び取り付けます(まだ取り付けていない場合)。
  8. Ctrl+Cキーを押し、ブート プロセスを中断してLOADERプロンプトで停止します。
    このメッセージが表示されない場合は、Ctrl+Cキーを押し、メンテナンス モードでブートするオプションを選択します。次に、haltコマンドを実行してLOADERプロンプトを表示します。
  9. LOADERプロンプトで、USBフラッシュ ドライブからリカバリ イメージをブートします。boot_recovery
    イメージがUSBフラッシュ ドライブからダウンロードされます。
  10. プロンプトが表示されたら、イメージの名前を入力するか、画面に表示されたデフォルトのイメージを使用します。
  11. イメージがインストールされたら、リストア プロセスを開始します。
    1. 画面に表示される障害ノードのIPアドレスをメモします。
    2. バックアップ構成をリストアするよう求められたら、「y」と入力します。
    3. /etc/ssh/ssh_host_dsa_keyの上書きの確認メッセージが表示されたら、yを押します。
  12. advanced権限レベルのパートナー ノードから、前の手順でメモしたIPアドレスを使用して設定の同期を開始します。system node restore-backup -node local -target-address impaired_node_IP_address
  13. リストアが完了し、「use the restored copy?」というメッセージが表示されたら、障害ノードで「y」と入力します。
  14. confirm backup procedure was successful」というメッセージが表示されたら「y」と入力し、ノードをリブートするよう求められたら「y 」と入力します。
  15. 環境変数が期待どおりに設定されていることを確認します。
    1. ノードにLOADERプロンプトを表示します。
      ONTAPプロンプトからコマンドsystem node halt -skip-lif-migration-before-shutdown true -ignore-quorum-warnings true -inhibit-takeover trueを実行できます。
    2. printenvコマンドを使用して、環境変数の設定を確認します。
    3. 環境変数が正しく設定されていない場合は、setenv environment_variable_name changed_valueコマンドを使用して設定を変更します。
    4. saveenvコマンドを使用して変更を保存します。
    5. ノードをリブートします。
  16. リブートした障害ノードに「Waiting for Giveback...」というメッセージが表示されたら、正常なノードからギブバックを実行します。
    システムの構成 操作
    HAペア 障害ノードに「Waiting for Giveback...」というメッセージが表示されたら、正常なノードからギブバックを実行します。
    1. 正常なノードから、次のコマンドを実行します。storage failover giveback -ofnode partner_node_name

      障害ノードはストレージをテイクバックしてブートを完了し、その後リブートして再び正常なノードによってテイクオーバーされます。

      注: ギブバックが禁止されている場合、禁止を無効にすることを検討してください。

      ONTAP 9 ハイアベイラビリティ構成ガイド

    2. storage failover show-givebackコマンドを使用して、ギブバック処理の進捗を監視します。
    3. ギブバック処理が完了したら、storage failover showコマンドを使用して、HAペアが正常でテイクオーバーが可能であることを確認します。
    4. storage failover modifyコマンドを使用して自動ギブバックを無効にした場合は、自動ギブバックをリストアします。
    2ノードMetroCluster構成 次の手順に進みます。

    MetroClusterスイッチバック手順は、交換プロセスの次のタスクで実行します。

  17. 正常なノードでadvanced権限レベルを終了します。