診断の実行

システム内のコンポーネントを交換したら、そのコンポーネントに対して診断テストを実行する必要があります。

開始する前に

診断を開始するには、システムにLOADERプロンプトが表示されている必要があります。

タスク概要

診断手順のコマンドは、すべてコンポーネントを交換するノードから実行します。

手順

  1. 作業をするノードにLOADERプロンプトが表示されていない場合は、ノードをリブートします。system node halt -node node_name
    コマンドを実行したら、システムがLOADERプロンプトで停止するまで待ちます。
  2. LOADERプロンプトで、システムレベルの診断用に特別に設計されたドライバにアクセスします。boot_diags
  3. 表示されたメニューから[Scan System]を選択して診断テストを実行できるようにします。
  4. 表示されたメニューから[Test system]を選択して診断テストを実行します。
  5. 各種のサブメニューから特定のテストまたは一連のテストを選択します。
  6. 前述の手順の結果に応じて、次に進みます。
    • テストが失敗した場合は、エラーを修正してからテストを再実行します。
    • テストでエラーが報告されなかった場合は、メニューから[Reboot]を選択してシステムをリブートします。