CNAポートの設定およびケーブル接続(80xxFAS2600シリーズFAS2552、およびFAS2554システムのみ)

コントローラ モジュール80xxFAS2600シリーズFAS2552、またはFAS2554システムに追加する場合は、新しいコントローラ モジュールでCNAポートの設定を確認し、必要に応じて既存のコントローラ モジュールのCNAポートの設定に合わせてデフォルト ポートの設定を変更する必要があります。

開始する前に

CNAポート用のSFP+モジュールが必要です。ポートが10GbEパーソナリティに設定されている場合は、Twinaxケーブルを使用できます。

手順

  1. halt」と入力してLOADERプロンプトを表示し、新しいノードをメンテナンス モードでブートします(メンテナンス モードになっていない場合)。
    ONTAP 8.2.1以降を実行している場合は、LOADERプロンプトで「boot_ontap maint」と入力し、プロンプトが表示されたら「y」と入力して続行します。
  2. 既存のコントローラ モジュール コンソールで、ポートの現在の設定を確認します。system node hardware unified-connect show

    次の例に示すような出力が表示されます。

    node_name::> system node hardware unified-connect show
                   Current Current   Pending  Pending   
    Node  Adapter  Mode    Type      Mode     Type      Status
    ----  -------  ------- --------- -------  -------   ------
    f-a    0e      fc      initiator -        -         online
    f-a    0f      fc      initiator -        -         online
    f-a    0g      cna     target    -        -         online
    ...
    
  3. 新しいノードのコンソールで、ポート設定を表示します。ucadmin show

    次の例に示すような出力が表示されます。

    *> ucadmin show
                   Current Current   Pending  Pending   
    Node  Adapter  Mode    Type      Mode     Type      Status
    ----  -------  ------- --------- -------  -------   ------
    f-a    0e      fc      initiator -        -         online
    f-a    0f      fc      initiator -        -         online
    f-a    0g      cna     target    -        -         online
    ...
  4. 現在のSFP+モジュールが目的の用途に対応しない場合は、正しいSFP+モジュールと交換します。
  5. 現在の設定が既存のノードの設定と一致しない場合は、必要に応じて設定を変更します。
    目的の用途 入力するコマンド
    FC イニシエータ ucadmin modify -t initiator adapter_name
    FCターゲット ucadmin modify -t target adapter_name
    イーサネット ucadmin modify -m cna adapter_name
    注: 変更したポート設定は、新しいノードのブート時に有効になります。設定の変更はブート後に確認する必要があります。
  6. ポートをケーブル接続します。