システムレベルの診断の概要

システムレベルの診断では、コマンドライン インターフェイスを使用して、サポートされているストレージ システム上のハードウェアの問題を検索して特定するテストを実施します。システムレベルの診断を使用して、特定のコンポーネントが正常に動作していることを確認したり、障害のあるコンポーネントを特定したりします。

システムレベルの診断は、サポートされているストレージ システムでのみ使用できます。サポートされていないストレージ システムのコマンドライン インターフェイスでシステムレベルの診断を実行すると、エラー メッセージが表示されます。

システムレベルの診断は、トラブルシューティングを必要とする次のいずれかの状況のあとに実行します。

システムレベルの診断を実行するには、Data ONTAPのMaintenance mode bootオプションにアクセスする必要があるため、その時点でData ONTAPを実行している必要があります。このオプションにアクセスするにはいくつかの方法がありますが、このガイドで説明する手順ではこの方法を推奨しています。一部のハードウェア コンポーネントでは特定の方法が必要になる場合があります。その場合は、該当するフィールド交換可能ユニット(FRU)のリーフレットを参照してください。このガイドでは、特定のコマンド、サブコマンド、テスト、または条件の詳細な定義については説明しません。

コマンドを入力すると、テストはバックグラウンドで実行され、テスト結果(成功または失敗)は内蔵メモリベースのログ(固定サイズ)に記録されます。一部のテストはユーティリティであり、成功または失敗ではなく、単に完了したことが報告されます。適切なテストを実行すると、このガイドに記載されている手順に従ってステータス レポートを生成できます。テスト結果にシステムレベルの診断が正常に完了したことが示された時点で、ログを消去することを推奨します。

テストに失敗した場合、ステータス レポートに基づいてテクニカル サポートが適切なアドバイスを実施することができます。FRUを再取り付けするか、ケーブル接続を確認するか、またはテクニカル サポートが推奨するテストを有効にしたうえで、同じテストを再実行することで問題を解決できる場合があります。問題を解決できない場合は、ハードウェア障害が発生しているため、該当するハードウェアを交換する必要があります。

小詳細な定義や説明を必要とするエラー メッセージはありません。